ほんのよこみち なブログ

不登校とひきこもり→就労準備中の子を持つシングルマザーが、このくにで生きることを考えながら、本と好きなことを語ります。

腰を痛めて初めて知った、自分の身体が動かなくなる不安と健康維持の大切さ。

f:id:honno-yokomichi:20191125002454j:plain

 ほんのよこみちです。

土曜日の午後に腰を痛めて、寝たきり中高年な週末を過ごしました(^▽^;)

 

土曜日、下の子の受験(保護者面接あり)に行ってきまして、その帰りに腰を炒めました……って、小間切れ肉か、私は!

いえ、別に、重い荷物を持ったわけでも、雑巾みたいにぎゅうぎゅう絞ったわけでも、ありません。

雨が降っていて寒かったので、トイレに入って座った、ただそれだけなんですよ?

腰がぴきぴきとつるような感覚があり、「ああ、また腰つったか~」と軽い気持ちでいたんですが、いつもはすぐに元に戻るはずが、今回ばかりは戻らない。

歩くのもよたよたして、かといって座ると痛みが来るし、電車の中でも、車いすスペースのちょっと窓際にクッション材のある部分に寄りかかりながら、なんとか自宅に帰りつきました。

 

で、まあ、帰宅してからですよ。

我が家は日本スタイルといいますか、要するにダイニングは座卓、ベッドは置かずに布団を和室に敷いて寝ていますので、一度座ったり横になったりしてしまうと、起き上がったり移動したりが大変なんですね。

姿勢を変えるだけで、痛みが来る。

くしゃみをしても、痛みが来る。

目の前にあるスマホや文庫本に、手が伸ばせない。

さすがにこれはただ腰がつっただけではあるまい、俗にいうぎっくり腰というヤツなんでは? と、ググりました。

 

とりあえず、横向きに寝て、ひざを曲げて丸くなっていた方がいいらしいということなので、その日はその状態で何もできず。

こういう時こそ、積読にしていた本を読むべし! と思ったんですが、とてもその余裕がありませんでした。気分的に。

 

私が動けないでいると、子どもたちが親切に動いてくれます。

まさしく、介護じゃんって感じで。

ばあちゃんみたいだよ、なんて言われながら。

でも、その時は遠からずやってくるんだよなあ……と思ってしまうと、気鬱になりますよねえ。

 

人生100年時代と言われつつも、健康寿命は70代半ばほどです。

健康なうちはとにかく働いて、その後は動けない余命期間が待っているのかと思うと……。

そして私自身、亡き母が、仕事を辞めて田舎に戻って看病して欲しいというのを、拒否した人間です。

母の看病→介護で、自分の人生も子どもたちの未来も、潰す気にはなれなかった。

ですから、私が動けなくなっても、子どもたちに面倒看て欲しいとは言えません。

自分でなんとかしないと。

 

動けなくなることが、こんなにも心細く、不安で、平常心を失わせるものなのか。

ずっとそばにいてくれないのか、と怒りをぶちまけていた母の気持ちが、少しわかるような気がしました。

だからこそ、少しでも健康寿命を延ばして、心の健康を保たないと、自分も家族も辛いだけです。

読書なら、身体が動かなくても楽しめると思っていたのに、本に手を伸ばすことすら、する気が起きなかったんですから。

 

ぎっくり腰の再発を予防するには、腹筋と背筋を鍛えるといいらしいです。

あ~、苦手なんですよね~、腹筋&背筋運動……( ̄▽ ̄;)

腹筋なんて、もう全然起き上がれないし、背筋は学生時代から驚異の起き上がれなさだった。他の子の半分以下だったもん。

……しかし、やらねばなるまい。

すべて、自分のためだ。

 

ということで、雨降って地固まると言いますか、人間万事塞翁が馬と言いますか。

腰を痛めて、出かける予定などはめちゃくちゃになりましたが(ホントは文学フリマに遊びに行くつもりだったし、東京タワーにブリュンヒルトを見に行くつもりだった)。

結果、得た気づきはとても多かったので、今後の人生に活かしたいと思います。

 

ま、ブリュンヒルトの写真は、下の子が撮ってきてくれましたし。

 f:id:honno-yokomichi:20191125014346j:plain

 個人的には、ヒューベリオンユリシーズがいいんだけどな。

 って、『銀河英雄伝説 Die Neue These』のお話です(^-^;

今、東京タワーで上のようなのが観られるそうですよ。

 

 

 早く腰を直して、次の週末からの「星乱第三章」劇場公開に備えなくては。

 

生きているということは、それだけ日々、学ぶチャンスがあるということですから。

昨日までの自分に安住せず、前を見て生きたいと思います。

ありがとうございました。m(_ _)m

 

 

トップ画像:旅人さんによる写真ACからの写真