ほんのよこみち なブログ

不登校とひきこもり→就労準備中の子を持つシングルマザーが、このくにで生きることを考えながら、本と好きなことを語ります。

今年の夏は、自分の命と死と残りの時間について考えていた。

f:id:honno-yokomichi:20190906184811j:plain

 

今週のお題「夏を振り返る」

 

ほんのよこみちです。

夏を振り返るというお題ですが、今年の夏の特に後半戦は、自分の命と死と残りの時間についてばかり、考えていました。

人間ドックの乳房検査で、要精密検査だったからですね。

 

www.honno-yokomichi.com

 

 

www.honno-yokomichi.com

 

昨日も、実はMRIの結果を聞きに行きまして、やっぱりまだシロと断定できないグレー判断でしたので、生体検査を受けてきました。

局部麻酔をかけて、棒みたいなのを部位に突っ込んで、細胞を取り出すアレです。

麻酔なんて、歯医者で歯の治療をしてもらうときか、さもなきゃ下の子を帝王切開で産んだとき以来だったので、なんか……ね。

15年前の、麻酔が切れた後の、帝王切開の傷口の痛みのハンパなさが思い出されて、結構肩に力が入ってしまいました(^^;

いや、だってもう、切腹に失敗した武士ってこんなもん? って思うくらい痛かったし、思わず「介錯してくれ」って言いたくなったんですもん(^▽^;)

まあ、生体検査は帝王切開ほど傷口大きくないので、麻酔が切れてもそこまで痛くなかったですけどね、ほっ。

 

ということで、もう1カ月近く、乳がんなのかどうなのかはっきりしてくれ~いっ! という状況の中にいます。

90%はシロだと思う……とは、お医者様のご意見ですが、100%ではないので。

多分、大丈夫だよ、と思う反面、50歳なので残りの時間の方が少ないことも事実。

 

死ぬことは、眠ることと同じ……なんて思ってみて、おのれを落ち着かせたり。

生きるということは、今、この瞬間しかない、とあらためて感じたり。

自分の人生なんて、宇宙からみれば取るに足らない ちっぽけなもので、いずれ消えていくだけ、と悟ったり。

この地球の今という時代にたまたま降りてきている、そんな宇宙人に過ぎないんだ、人間なんて、と思ったり。

だから、朝目覚めることがありがたく、この世界のすべてが愛おしく、一瞬一瞬が大切でたまらない。

 

好きなことをしよう。

楽しいと思えることをしよう。

今、ここに生きていられる喜びと感謝をこめて、他者を愛そう。

自分がかっこいいと思えるような人間でいよう。

 

そんなふうに思い始めてから、毎日が充実しているような気がします。

確かに、仕事で疲れて何もできないときや、さらに下の子に数学を教えたりした夜は、ブログ更新はもちろん、読みたい本も読めなくて、ちょっと参ったりもします。

老眼も追い打ちをかけるように、読書の邪魔をしてくれるしね(#^ω^)

でも。

死ぬ直前って、結局、そういう活動は一切できなくなるのかなあ、なんてちょっと思ったり。

そうなっても、家族の声が聞けたり、顔が見れたりしたら、それだけで幸せなのかもしれない。

特に、母親にとって我が子というのは、そういう幸福をもたらしてくれる存在です。

そのことに、こんなに早く気づけたということも含めて、ありがたい。

 

2019年の夏は、そういう自分にとっての幸せを確認することのできた、とても有意義な夏となりました。

災い転じて福となす。

永遠には生きられないのですから、覚悟を決めるという経験ができたことは、新しい人生の始まりでもあります。

ありがたいことです。

2019年あと4カ月を、丁寧に生きていきたいと思います。

 

トップ画像:カッパリーナさんによる写真ACからの写真