ほんのよこみち なブログ

不登校とひきこもり→就労準備中の子を持つシングルマザーが、このくにで生きることを考えながら、本と好きなことを語ります。

50歳にして、中学英語からの学び直しを始めました。

   f:id:honno-yokomichi:20190515065121j:plain

 

ほんのよこみちです。

50歳にして、中学英語からの学び直しを始めました!

自慢じゃないけど、元々の英語力は中2程度しかなかったこの私。

それでも高校卒業できたのは、赤点であってもスルーで進級させてくれる学校だったからですね(;^_^A

 

そんな状態ですから、極力、英語には近寄らないように生きてきました(^▽^;)

なんですけど、職場に英語で電話がかかってくるようになるわ、翻訳詩を読むようになるわ、新宿駅で外国からの観光客に路線をきかれるわ……(私も迷子になってたんだよう……)

 

なので、一念発起して、英語の学び直しを始めることにしました。

先日『名探偵ピカチュウ』を観た帰りに買ってきたのが、この本⤵

 

中学・高校6年分の英語が10日間で身につく本 (アスカカルチャー)

中学・高校6年分の英語が10日間で身につく本 (アスカカルチャー)

 

 

今、学び直しの本がいっぱい出ているので迷ったんですが、まあとりあえずこれかな、と。

10日間で身につく……といううたい文句ですが、その1日分を1日でこなせていないので、これ一冊やりおえるのに3カ月くらいかかりそうです(^_^;)

いや、だって、1日分のボリューム、結構ありますよ?

学生さんとかならともかく、ワーママがスキマ時間にできる量じゃないですって。

ただこなすだけじゃなく、復習もしていきたいので、おのずと進められる分量が減っていきます。

なので、まだ【法則4】までしか進んでいませ~ん。

(1日目の分量は【法則6】まであるんですが……)

マイペースでやっていきます。

 

この本の良さは、英文法を仕組みとして解説しているところですかね。

そんなの当たり前じゃん? でしょうけど、私が学生の頃は、ひたすら詰め込みだったんだよう。

疑問をはさむ余地もなく「覚えましょう」ですべて片付けていたので、覚えられない奴から落ちていく……。

今も【法則5】を読んでいて、実は疑問がでてきていたりします。

 

 

例文:私はさちこさんが客室乗務員であることを知っています。

英訳:I know that Sachiko is a cabin attendant.

 

この「that」⤴はなぜ必要なの? 「あのさちこ」なの? ただのさちこじゃ駄目なの?

 

 

……なんかもう、英語知っている人から見たら、はあ? なレベルでしょうけどね。

こういう感じで格闘しています(^_^;)

 

こんなんだったら、先生についた方が良くない? っていう気がしないでもないんですが。

でも、教室に通ったりしたら、もうそれだけで勉強した気になって、家でやらなくなりそうだし、それじゃ意味ないし。

実は、ヒアリングの勉強だ! と思って、YouTubeで子ども向けの動画を見てたこともあったんですよ。

でもね、続かなかったんです。

タブレットで見てると手が疲れるし、PC立ち上げたらブログ書きたくなるし(^_^;)

子どもに「静かにして!」って言うのもなあ……。

 

まあ、読む・書くだけじゃ、聞き取れないことに変わりはないので、またそっちも再開する必要があるとは思うんですが。

ただ、英語の学習をやると、その分、読書の時間が減るのが哀しいですし。

子どもに「毎日英語と数学やりなさい」って言ってる手前、母親が3日坊主じゃシャレになんないので頑張ってますが。

読みたい本もたまっているので、読みたい。

ブログももっと書きたい。

なんで一日24時間なんでしょうね。

母親はサービスして27時間、とかしてくんないかな、忙しいんだよ、母ちゃんは。

 

などと毒づきつつ、今日もがんばります。

今日が、明日が、皆さまにとってより良き日となりますように。