ほんのよこみち なブログ

不登校とひきこもりの子を持つシングルマザーが、このくにで生きることを考えながら、本と好きなことを語ります。

私の今年の漢字は「挑」です!

お題「あなたの「今年の漢字」」

 

ほんのよこみちです。

お題スロットをしたところ、年始っぽいのが出たので、この機に一筆。

 

今年の抱負でもあげましたが、今年の漢字は「」です。

そう、いろいろ挑みたいですね~。

 

 

①「詩に挑む」。

もうこれは何度も言ってますが、詩の教室(あと3回)を受講するので、がんばります。

 

www.honno-yokomichi.com

 

当日、せっかく詩を学べるチャンスなのに、自分の能力不足で得られるものも得られないのでは、もったいない!

だったら受講を決める前に普段からやっとけよって話なんですが、「詩が好きかも?」と気づいたころに講座を見つけちゃったんだからしようがない!

自分に言い訳しないために、尻に火のついた状態で、がんがんいきます!

 

 

②「年齢に挑む」。

私事ながら、2019年のGWには50歳になってしまうので!

半世紀ですよ? ありえない!

前田裕二さんの『メモの魔力 The Magic of Memos (NewsPicks Book)』の1000問ノック見ても、30代40代が未来なんだもんなあ。

 

www.honno-yokomichi.com

 

眩しすぎる~。

もう当然、若い方たちからしてみると、50歳なんて未来が少ししかないわけで。

でも、そうやってへこんでてもつまらないですよね?

時間が少なくても、まだ生きているわけで、だったら死ぬまで成長だっ!

もちろん20代のころみたいな無茶はできないし、家族に対する責任もあるわけですけど。

「中高年はクソ」みたいなネットの空気には、挑みますよ~。

中高年の方が人数多いんだから、そこをうまく活用した方が、サービスを回す金もたくさん落ちるって。

 

 

③「ビジネスに挑む」。

私は昼間はしがないパート事務員に過ぎません。

仕事そのものに不満はないですが、事務職自体が斜陽だし、誰でもできる仕事って、ときに虚しくなりますよね。

ただ、じゃあ何をやりたいのか。

がんばっている人を応援したい! そのための文章を書きたい!

それだけではビジネスになりゃしませんがな。

なので、そういうビジネスモデルを考えて、駄々洩れさせていきたいと思います。

ま、そんな大層なものじゃないですけどね。

 

 

うちの子は不登校とひきこもりで、一般的な社会のレールから逸脱しています。

でも、そういう子でも生きていける社会にしたくて、いろいろ学んだり活動したりしています。

起業なんて、大学で経済学を学ばなければ無理とか、まずは一般企業できちんと働けるようになってからとか、いろんな方に言われます。

もちろん、そのご意見は間違いではないのでしょう。

でもさ~、社会のレールから外れたものは、まず最下層のアルバイトから始めて、許可されたら上に上がっていって良し、みたいなのって、おかしくないですか?

ま、私も最下層のパートタイマーなんですけどね💦

 

 

なので、最終的には、そういう社会に挑みます。

もちろん、ラクしていい暮らしができる~、なんてことは思ってません。

チャンスをつかむためには、とことん努力することが必要。

ただその努力が、思考停止させるための苦行であってはまずいと思うので。

苦行が嫌で、思考停止して、努力を回避しようとする子に、いかに没頭させるか。

一母親としては、それが一番の挑みどころかもしれませんね。