ほんのよこみち なブログ

不登校とひきこもり→就労準備中の子を持つシングルマザーが、このくにで生きることを考えながら、本と好きなことを語ります。

【特撮のDNAー『ゴジラ』から『シン・ゴジラ』までー】展に行って来ました!

ほんのよこみちです。

東京・大田区蒲田の日本工学院専門学校で開催されている、【特撮のDNA】ゴジラ展に行って来ました!

f:id:honno-yokomichi:20190103180030j:plain

サイトはこちら⤵

特撮のDNA ー『ゴジラ』から『シン・ゴジラ』までー

 

会場は、JR蒲田駅西口を出てすぐ、ドン・キホーテわきの通りをちょっと行ったところにある日本工学院専門学校

目に入ったホールに入っていくと、上のシン・ゴジラさん(影は初代ゴジラさん?)がお出迎えしてくれます。

 

チケットを買って中に入ると、なぜかそこは物販コーナー……。

え? お土産は先買いですか?

なんて思ったんですが、実は出口も同じところだったんですよ!

なので、安心して展示をごらんください。

見ている間にお土産買いたくなっても、係の方に「再入場します!」とお願いして、日付印を押してもらえばOK💛

 

 

で、ゴジラさんの展示ですよ!

今回の展示は『ゴジラ』から『シン・ゴジラ』までということで、当然、格好いいシン・ゴジラさんもお出迎えして下さいます💛

やっぱり「かまたくん」もかわいいですしね。

しかし、ぜひ本物を見るべし! と思ったのは、映画ラストのアレですよ!

そう、シン・ゴジラのしっぽの先の、第5形態!

 

f:id:honno-yokomichi:20190103180221j:plain

 

近くで見ると、まじヤバくて怖いです。

こんなもんが出てきてたら、冗談抜きでアニゴジの世界ではないですか!

つくりも本当に細かくて、ナマで見れて良かったです!

 

 

シン・ゴジラ』ばかりではなくて、初代からもちろんいろいろ展示されてました。

オキシジェン・デストロイヤーとか。

各作品の怪獣たちや、その雛型とか。

スケッチとか。

実は、ゴジラが好きなのはうちの子で、私も好きですけど全部を見たわけではないので、細かい説明が出来なくてすみません💦

でも、ミレニアムシリーズのメカゴジラ3式機龍さんがいらしてて、それはすごく格好良かったです。

 

 

などといいつつ、私が好きなのはこの子⤵

 

f:id:honno-yokomichi:20190103180356j:plain

 

やっぱりミニラでしょう!

この子は、初出のミニラちゃんではないようなのですが、つぶらな瞳がかわいい💛

自然の生態系の中では、絶対生き残れそうにないミニラちゃんを、親ゴジラが育てる『ゴジラの息子』は大好きです!

怪獣映画を捨ててようが、科学的に無茶だろうが、いいんです! かわいいから!

 

 

館内、フラッシュさえたかなければ、ほとんど写真OKなので、ほかの方も写真撮りまくりでした。

これはもう行かずしてどうする!

キングギドラさんのお顔は、写真に撮ると「年賀状」にしか見えません。

辰年は5年後だ!

 

 

ゴジラさんの皮膚にさわれるコーナーもあって、意外とやわらかいゴジラさんを、ぷにぷにしてきました♬

ほかのお子さんたちもさわってて、こういう子たちが、将来技術者になったりすんのかな、とか思ったりして。

ホント、ほかの家族連れの会話を拾い聞きしちゃうと、園児さんくらいのお子さんがパパに解説してて、脱帽です。

オタク万歳! 未来は君たちの時代だ!

 

 

お土産コーナーで、私はTシャツ2枚と機龍の写真集を買いました。(子ども用)

展覧会の物販コーナーとしては、買いたいものがたくさんあって迷う系のショップだと思いました。

普段は、あんまりお土産って買わないんですよ。欲しいと思えるものがなかなかなくて。

でも、ここでは7000円以上使ってしまったので、品ぞろえはいいと思います。(といううか私好みでした)

 

 

ゴジラ映画って、まあフィクションの娯楽作品なのかもしれませんけどね。

でも、日本史におけるゴジラの立ち位置って、堕落しやすい庶民に現実(社会問題)を突き付ける起爆剤だったんだなと、思います。

子ども向けの怪獣映画と莫迦にして終わるのか。

歴史の中のポイントの一つとしてみるのか。

興味深い対象だと思いませんか?

 

 

1月27日まで開催されてますので、ぜひ蒲田にお越しください💛

別に、大田区民割引で入場できたから、そのお礼に宣伝しまくってるわけでは、決してないですからね!

でも、会場も見やすくつくられているので、よろしくお願いいたします🙇