ほんのよこみち なブログ

不登校とひきこもり→就労準備中の子を持つシングルマザーが、このくにで生きることを考えながら、本と好きなことを語ります。

『仮面ライダー平成ジェネレーションズFOREVER』は、なぜ大人も楽しめるのか?(ネタバレあります!)

ほんのよこみちです。

連休中に下の子と『仮面ライダー平成ジェネレーションズFOREVER』を見に行きました!

 

www.movie-taisen.com

 

私は『クウガ』から『555』までと、『ビルド』『ジオウ』をつまみ食い程度にしか見ておらず、あとは子どもたちの会話から情報を得ている程度なんですが。

(そのくせ、ライダー映画は最近ちょくちょく行ってますが💦)

そんな私でも、すごく楽しめた作品でした!

面白かったです!

 

 

で、なぜ楽しめたのか、考えてみました。(以下、ネタバレあります!)

 

  1. 謎解きストーリーになっていた。
  2. クウガを好きな子が登場し、親近感が持てた。
  3. ビルドの2人は名コンビだと思っていた。
  4. バイクアクションが良かった。

 

 

平成仮面ライダーは、独自の世界観とか設定を構築した上で、ストーリーが進むというパターンにあるようです。

なので、その世界観に入り込めなければ、作品全体を楽しむことが難しくなります。

私がイマイチ仮面ライダーにハマれないのも、世界観に入れない部分があるからで💦

今作の映画も、基本はジオウの世界観なのですが、そこから一歩踏み出して、世界について考えるようなストーリーでした。

 

 

また、クウガの話が出てきたりして、初期ファン層も懐かしさに浸れるような、そういう展開でもあったんですよね。

声の出演で、アギトの賀集利樹さんや龍騎須賀貴匡さんが参加されてたし!

電王はチームで出演ですよね!

ってか、まさかの佐藤健さんが!!

また、ビルドの2人の名コンビぶりも嬉しくて、やっぱりこの子たちいいよねえ……と。

何で理想のコンビにこの子たちを入れなかったんだろうと、後悔しました。

 

www.honno-yokomichi.com

 

 

そして、バイクアクションですよ!

クウガといえばバイクアクション、バイクアクションといえばクウガ

映画でも見せてくれます♬

何しろ平成ライダー20作品ですから、バイクに乗ってくるだけでも壮観です。

まあ、まれに龍の子太郎もいましたけど(^^;)

 

 

ということで、映画館も満員のようでしたし、現代の小さなお友だちからかつての小さなお友だち、その親など、多くの層が楽しんだ映画だったように思います。

やっぱり年を取ると、既知のメンバーが出てくるのが嬉しいんですかね。

って、傾向としては情けないですけど、実は真理かもしれません。

だから近年、昭和作品のリメイクが多いのでしょうかね?

(映画を観に行って、予告編にリメイク作品が入らなかったことがない!)

 

 

あ、肝心の映画のストーリーとかには、全然触れてませんね💦

まあ、それは本作を観て下さいよ、ということで……(逃げた!)

そもそも今作の見どころは、あのライダーもこのライダーもみんな出てる!なので。

そういう状況をつくるストーリーとして、どういうものがあるか、考えてみるだけでも楽しいですよね。

仮面ライダーは虚構かもしれないけれど、ここにそうして存在しているんだよって、なんかもう、むぎゅってしたくなりました。

面白かったです。