ほんのよこみち なブログ

不登校とひきこもりの子を持つシングルマザーが、このくにで生きることを考えながら、本と好きなことを語ります。

家族の誕生日に食べるピザは、その日の主役が選んでいいことになっている。

ほんのよこみちです。

《お題》ピザが食べたい、ということで。

 

我が家でピザを食べる日は、圧倒的に子どもの誕生日だったりします。

うちの子たちは、バースデイケーキなるものを食べないので(;´Д`)

ケーキの代わりにデリバリーサービスを利用する……という習慣がいつのまにか定着してしまい、ピザですね。

しかも、家族3人なのに、Mサイズ2枚とナゲット類とデザート。

ゆうに5000円越えのディナーですよ、非正規シングルマザーなのに(^▽^;)

 

 

ピザの種類やトッピングは、その日の主役が選んでいいことになっています。

いいことになっているものの、子どもたちはそれぞれ好き嫌いがある。

上の子は魚介類が全滅。下の子はトマトが苦手。

ここらへんの駆け引きが、まあいろいろありまして。

主に上の子が下の子に、「熱したトマトがいかに食べやすいか」を教え込むというか。

とりあえず、みんなが食べられるピザを選ぶところに落ち着かせています。

 

 

なんですけど。

この調子でいくと、シーフードピザが全然食べられそうにないんですよ。

私は好きなんですけど、上の子は本当にダメみたいなので、さすがにそれを選ぶほど鬼ではなくて(;^_^A

じゃあ、食べたければ、お店でSサイズのピザとか頼めばいいじゃん!ってことになりますが。

でもね~、ピザって、みんなでつつくから美味しいんじゃないでしょうか?

鍋と同じ原理で。

確かにSサイズのピザも美味しいでしょうけど、それは美味しさが微妙に違うというか。

 

 

最近は、デリバリー業界も厳しいようで、お持ち帰りを推奨されている傾向が見て取れます。

おうちまで配達していただけるって、本当にありがたい!

私は車を持っていないし、ピザ屋さんはどっちを向いても結構遠いので(あくまで東京の感覚で)、自分で持ち帰ると大惨事は目に見えているので、配達をお願いしています。

もってきてくださる方が、年々うちの子の年代に近づいているので、申し訳なさも増し増しなのですが。

つくづく、おうちで暖かいピザをいただくって、贅沢ですね。

(うちの実家は、ピザの宅配圏外だったしなあ……田舎なので)