ほんのよこみち なブログ

不登校とひきこもりの子を持つシングルマザーが、このくにで生きることを考えながら、本と好きなことを語ります。

アニメ『GOZILLA 星を喰う者』を観て考えた、希望と絶望。(ネタバレあります)

ほんのよこみちです。

アニメ『GODZILLA 星を喰う者』を観てきました。

公式サイトはこちら⤵

godzilla-anime.com 

 

それで、ですよ。

やっぱり考えてしまうのが、この作品で描かれている希望と絶望について。

虚淵玄さんはそういうのがお得意、と、子どもたちにさんざん聞かされていたんですが、やっぱり単純なハッピーエンドとはいかないあたり、今の社会は生きづらいんだなあと感じてしまいました。

 

 

物語の舞台は、ゴジラによって壊滅状態の地球。

主人公ハルオ率いる、生き残りの若手部隊(?)が、対ゴジラ作戦を決行しつつも、あと一歩のところで希望が踏みにじられる……というのが、前作までのストーリーでした。

 

www.honno-yokomichi.com

 

今作は、前作で攻撃武器がほぼすべて使えなくなってしまったので、これまでのようなバトルができない状態で、ストーリーが進みます。

ゴジラは休眠状態なものの、そこに存在している。

いつか目覚めるかもしれないけれど、こちらにはもはや対抗手段がない。

その恐怖から、メンバーはメトフィエスの宗教に傾倒していきます。

これが気持ち悪くて、怖い。

このシリーズ全般が鬱々としていて重いんですが、みんなが宗教に救いを求めていく様は、怖いです。

そこには教えらしいものもなく、神の啓示があるだけで、その啓示もいかようにも解釈のできるものなので。

で、まあ、案の定……という展開になるわけですね。

 

 

ネタバレ全開ですみません。

そういうわけで、ギドラとゴジラのバトルもありますが、それはこれまでのゴジラ映画にある、ある種のほのぼのさも感じられるような、そういうものではありませんでした。

え? ほのぼのさって『ゴジラの息子』の観過ぎじゃね? って⁇

でも、昭和ゴジラって、なんか愛嬌ありませんかね?

 

 

話を戻します。

ゴジラ映画でVS怪獣が出てくると、結構のんきに観れたりしましたが、アニメゴジラはそういう甘えを許してくれませんでしたね。

マジ怖い。

誰も逃さない、的な、圧倒的な破壊力が怖くてたまりませんでした。

怪獣映画=恐怖映画という初心に帰るのなら、なるほど成功例と言えますね。

 

 

それで、希望と絶望ですよ。

今回ハルオは、進んだ科学技術文明がゴジラを生んだ、という仮説に思い至ります。

なので、物語のラストで仲間たちが再文明化に走らないように、マシンもろともゴジラに特攻をかけてしまいます。

せっかくフツワの民のみんなと、つつましくであっても生きていけると思っていたのに……。

ハルオはなぜ、仲間と仮説を共有し、解決策をみんなで考えようとしなかったのか。

今作の肝は、実はここにあるように思います。

そのハルオの心理こそが、日本人の生きづらさを表しているような気がしてなりません。

 

 

と同時に、これは現実世界に生きる者への警告ですよね。

もちろん、SFというジャンルそのものが、かつては進み過ぎた科学技術への警鐘でした。

それ以上に、情報共有しないで個人の判断で隠蔽してしまう、そのこと自体が、実は日本人の悪い癖のように思います。

例えば、近年続く災害に対して、土砂崩れの発生しやすい地域を示す地名を、宅地分譲のイメージのためにきれいな地名に改変してしまう。

例えば、1945年の破滅について、何故日本は滅びの道を突き進んだのか、原因の検証を満足にしないまま、なんとなく年月を重ねてしまっている。

対外的な謝罪云々は枝葉の問題で、もっと根本的なものの追究をしないと危ないんですけどね、国として。

 

 

というような見方を私はしましたが、この作品を読み切れていない部分もあると思いますので、まあご了承下さい(;^_^A

いろんなレビューでもそうですが、レビュアー自身の立場や考え方に、どうしても引き寄せられてしまうんですよね。

以前、精神科医の先生の講座を聞きに行ったとき「『アナ雪』はひきこもりの姉を妹が外に連れ出す話です」と言われていて、なるほどそう見るか! と思ってしまいました。

なので、もしあなたが私の文章を読んで「好きな作品が汚された」と思うのでしたら、「こいつにはそういうふうにしか読めないのだ」と思っていただけると助かります。

私に限らず、すべての発言や文章はそういう状況のもとになされているので、真正面に受け止めず、発言者のフィルターをはずしながら読んでいただけると、いいかもしれませんね。

 

 

ということで、アニメのゴジラシリーズはこれにて終了ですね。

次世代シリーズとか、絶対できそうなんですけどね~。

ま、次世代の子どもたちがゴジラを凍結させる話……にはならないでしょうけどね(^^;)