ほんのよこみち なブログ

不登校とひきこもりの子を持つシングルマザーが、このくにで生きることを考えながら、本と好きなことを語ります。

映画『ヴェノム』を観て思うのは、怖い世界に生きているという現実?

子ども(中学生)の希望で、『ヴェノム』を観てきました。

f:id:honno-yokomichi:20181119184431j:plain

 

映画『ヴェノム』 | オフィシャルサイト | ソニー・ピクチャーズ

 

墜落したスペースシャトルに乗り込んでいたエイリアンが、地球に降り立って人間に寄生していく。さあ、どうなる⁉ という物語です。

ハラハラドキドキしながら見てたんですけど、ああマーベル作品でしたね。

アメコミだって意識して見ると、わかりやすくて痛快な映画でした。

 

 

……で、終わっちゃうじゃん!

 

 

個人的には、主人公を追うためにドローンが無人戦闘機のような役割を果たす、そのシーンが結構ショッキングでした。

昔のSFにありがちな映像ですけど、これ、もうSFじゃないじゃん!

実際にドローンは地球上を飛んでいるし、Amazonは荷物を運ばせようとしているし、もちろん軍事利用も研究されているはず。

『武器輸出と日本企業』にもちらっと書かれていたので、もはやそういうのが普通に考えられている時代なんだな、と、そう思うと怖いです。

 

www.honno-yokomichi.com

 

 

それから、やっぱり悪い奴は殺されても仕方がないという考え方なんだな、と。

主人公は悪徳事業家と戦いますが、ストーリーの進行上、いろいろなアクションをやります。

アクションの過程で、死者も出る。

もちろん、主人公は死者が出ないように、特に普通の人が死なないように気をつけます。

でも反面、社会的弱者を狙う悪人に対しては、罪悪感がない……。

 

 

これはアメコミ映画ですから、スタンスとしては痛快アクションなわけです。

正義は最後は勝つし、悪い奴は滅ぼされる。それは間違いではないと思うんですが。

私自身も、子どもの頃は『必殺仕事人』シリーズとか好きで見てましたし。

権力者が悪事を働いて、それが市民の生命を奪うようなことであれば、死をもって償わせろ。

フィクションであれば、そういうストーリーを予想してしまいます。

なんですけど……。

 

 

権力者ではなくとも、人間は時に悪事を働きます。

時に誰かを傷つけ、誰かの生活を脅かすようなことをしてしまいます。

そして、されれば腹が立つ。腹が立つから恐怖でもって脅し返す。

それで、やった本人が悪事を改めればそれでいいじゃんか、と思ってしまうんですよ。

悪事は良くない。しかし、責められるのはあくまで行為であって、人を裁く権利はなくて。

 

 

正しければ何をやってもいいわけではない、という視点で考えると、この映画の展開は、ちょっと怖いものでありました。

こういう空気を好んできた連中と、同じ地球上で生きていくんですね。

武力でも、物量でも、人的資源でも、我々は大国にかなわないわけですから、頭を使うしかありません。

この世界から、逃げることはできないんですから。

 

 

アメコミ映画見てなに考えてるんだよ? ですが。

日本が無敵ヒーローに憧れるのは、やっぱり無責任だと思うので。

ドラゴンボール』のミスターサタンを目指すべきなんですよね、このくには。

あ、そういう点で見れば、『ヴェノム』ってそういうことなんですかね?

お株を奪われたら、さらにやばいじゃん。

娯楽映画で、密かに外交力レベル競技会が行われている模様です(゚Д゚;)

テーマは強力な敵との共生ですね。

 

 

って、どこが映画の感想記事やねん!

失礼いたしました。m(_ _)m