ほんのよこみち なブログ

不登校とひきこもりの子を持つシングルマザーが、このくにで生きることを考えながら、本と好きなことを語ります。

たまっていた家計簿をまとめてつけながら、お金をどう使うかについて考える。

先月後半から気分のノリが良くなかったのですが、あろうことか1カ月分くらい、家計簿がためてしまっておりました( ̄▽ ̄;)

私は普通のノートに買ったものと金額、合計を書いていくだけなので、作業としてはそんなに苦ではないんですが、こうなるとめんどくさい💦

気合をいれて、一気に書き上げました。

 

 

で、全部つけ終わったんですけど……。

先月何を買ったかとか、全然おぼえていないんですね~。

書きながら、ああそうそう……みたいな状態で。

当然、買った時の評価点なんてつけられません(>_<)

 

私は、不要な支出をあぶりだすために、買ったものに5段階評価をつけています。

絶対必要なものは⑤、衝動買いしたけれどそこまで必要でなければ②、とか。

評価をつけることで、自分を戒めているわけですね。

なので、記憶が薄れて、評価点をつけられなかったら意味ないんですけど……( ゚Д゚)

すっかり過去を懐かしむだけの時間になっていました……(たかだか1カ月前なんですけどね……(^_^;))

 

 

この買ったものに評価点をつけるというのは、岡田斗司夫氏のダイエット手法を応用させてもらってます。

参考にしたのは、下の本ですけど。

  

あなたを天才にするスマートノート・電子版プラス

あなたを天才にするスマートノート・電子版プラス

 

 

 

それにつけてもここ1カ月、お金の使い方が荒かったことが発覚(゚Д゚;)

体調がイマイチだったせいもありますが、まあ買い食いの多いこと!

週末、ほとんど料理してないじゃん!

まぐろ丼ってなに⁇(子どものリスエストでテイクアウトでした(;^_^A)

 

 

やっぱり目に見えるかたちで、繰り返し脳に刷り込まないと、人間って低きに流れる生き物なんですね。

え? それはおまえだけやろ?って⁇

いえ、でも、あとで評価つけるってわかっているのに、忘れてしまうんです。

今日はしんどいから、まあいっか、と。

 

そこで、本当に必要な支出なら、スパッと使うのもアリなんです。

しかし、逃げで無駄遣いしてしまうと、使ったお金以上に自分自身を損なってしまいそうです。

お金って「いくら残ったか」じゃなくて「どう使ったか」だと思うのです。

 

 

 この頃、いろんな本やブログ記事を読んでいて、そういう言葉にばかり目がいってしまいます。

失敗しないことよりも、お金をつかって実行して、そこから何を学ぶか。

受動的ではなく、能動的な行為にお金を使い、自分の経験知を増やす。

具体的な方法は、人それぞれでしょう。

ただ、損をしない位置で文句を言うくらいなら、身銭を切って学べと。

 

 

ということで、のびのびになっていたはてなブログProへの挑戦を、近日中に実行します。

私も身銭を切って学びます。

よろしくお願いしますm(_ _)m