ほんのよこみち なブログ

不登校とひきこもりの子を持つシングルマザーが、このくにで生きることを考えながら、本と好きなことを語ります。

誰かがつくってくれたものは、なんでも美味しいと思うことにしている。

今週のお題「最近おいしかったもの」

 

今週のお題「最近おいしかったもの」について。

個人的には、誰かがつくってくれたものは、なんでも美味しいと思うようにしてます。

子どもたちの料理はもちろん、外食やコンビニ弁当でも。

そりゃ、ハズレな料理もありますけど、以前は「まずいなあ」と言ったりもしてましたけど。

料金相応の味だったりすると、「もっとお金出そう」とか。

「これは、私の好みではなかったな」とか。

それでも、つくってもらえるだけ、ありがたい。

 

 

私は料理があまり好きではないし、食べることもそんなに好きではないので、どうしても優先順位が落ちてしまいます。

なので、料理の時間を読書に当てられたら、人生得した気分になったりして。

要領がさほど良くないので、仕事して、家事・育児して、読書して、ブログも書いて……というのが、なかなか難しいんですね。

で、頭が疲れてしまうと、お惣菜に手を出す。

誰かにつくってもらうということは、時間=人生を買っていることになるので、結構ありがたいことだと思ってます。

まあ栄養とか健康面とかの話になると、それはそれで別の問題が発生するんですが、神様ではないので全能にはなれません。

出来る限り、精一杯のことをするまでですね。

 

 

と言いつつ、今夜つくった豆腐ハンバーグは美味しかったです。

自分の料理ってパターンが見えているので、あんまり好きではないんですが(>_<)

結局は、自分好みにつくったものが、一番口に合うようになるんですね。

 

 

と、うまくまとめようとしているその実態は、うまいものを食べたことがないその一言に尽きるだろ? なんて、間違ってもツッコんじゃいけましぇ~ん(^_^;)

外食は、どうしても子どもの希望を優先した結果、サイ〇リアになるんですよ~。

安いし、うちの子好みのサラダがあるし、お世話になってます。

やっぱり、つくってもらうのってありがたいm(_ _)m