ほんのよこみち なブログ

不登校とひきこもりの子を持つシングルマザーが、このくにで生きることを考えながら、本と好きなことを語ります。

ヒューマンキャンパス高校・秋葉原校の学校説明会と体験授業再び!

 ちょっと前のことになりますが、秋葉原のヒューマンキャンパス高校に行ってきました。

先月に続いて、2度目ですね。

 

honno-yokomichi.hatenablog.com

 

今回の目的は学校説明会です。あと、子どもは体験授業。

先月はデジタル機材を使って絵を描く体験授業でしたが、今月は手描き。

先生は前回と同じ、キュートな根岸先生でした。

 

 

その先生のお言葉。

愛は伝播する。

どういうことかと解説しますと、自分が我が子(自分のマンガのキャラクター)を愛せば、我が子(キャラクター)は愛でいっぱいになる。

すると今度は我が子(キャラクター)が、周囲に愛を伝えるようになる。

愛を伝える我が子(キャラクター)は、読んでくれた人に愛されるようになる。

だから、我が子(キャラクター)を愛して!

 

漫画家の先生に、まさか子育て論を伺うとは、不意打ちでした。

不意打ちでしたけど、タブレットにすかさずメモりましたよ。

これはマンガのキャラづくりの話ですが、そのままブログ運営にも使えますね。

 

 

で、私の主目的の学校説明会です。

 ヒューマンキャンパス高校の秋葉原校は、いわゆるサブカル業を目指したい子たちの学校です。

プロを目指す子から、サブカル好きの友だちをつくりたい子まで、まあいろいろな目的で来る子がいるようです。

メインは、週3回、午後の専門授業。

午前中は、高校卒業のためのレポート(プリント)に取り組む時間で、基本自習。

年に2週間のスクーリングとテストは、高田馬場にある東京校に通うようです。

高尾山登山とか、2年次には沖縄本校にスクーリングに行くとか、あるようです。

希望すれば、2年次から系列専門学校の授業で学べたり、またコース変更も1年ごとにできるとのこと。

やっぱり大学受験したいとなれば、大学進学コースに行くこともできます。

 

 

システム的には、よくある通学型通信制高校の一形態をとっている学校ですね。

普通科科目の勉強は、最低限のレベルにハードルを設置して、とにかく好きなことに時間とパワーを使わせよう、という方向性の学校です。

親としては、「みんなイラストレーターになれるわけないのに……」と不安も出ますが、腹の括りどころといいますか。

好きなことを我慢して勉強して、進学して、就職して、ブラック企業心が折れるくらいなら……という論理で、私はこの手の学校ばかりを見てきました。

 

 

私の希望は、我が子に友だちができる学校。

その点では、この学校を選ぶことはある意味賭けでもあるようです。

同じ趣味の子と出会う確率は、多分圧倒的に高い。

ただ、内気で人づきあいの苦手な子も多そうなので、うちの子が声をかけたりできるかな?と。

 

 

うちはまだ中2なので、これから先もいろんな高校さんを見に行くことでしょう。

それで、我が子に話しているのが、高校3年間をどう過ごしたいのか、考えておくこと。

自分の希望に完璧に合う学校なんて存在しませんからね。

普通の学校生活を送りたいのか、絵を描きたいのか。

やりたいことに合いそうな学校を選ぶしかありませんから。

あとは、自分で行動すること。

それだけですね。