ほんのよこみち なブログ

不登校とひきこもりの子を持つシングルマザーが、このくにで生きることを考えながら、本と好きなことを語ります。

ブログを更新することの重さについて、自分の弱さを突いてみた。

前回、ブログを書くことについて考える記事を書きました。

 

honno-yokomichi.hatenablog.com

 

上の記事を書いている間は楽しかったんですけど、書いた後から、否、実は書く前から、ブログを更新するということが、とてつもなく重くなっておりました。

 

ブログを書こう~、と思いつつも。

家計簿をつけたり。

掃除や片付けをしてみたり。

本を読んだり。

BANANA FISH』を読み返したり (^▽^;)

 

honno-yokomichi.hatenablog.com

 

こういうの、どこかで記憶があるなあ~、と思ったら。

テスト前に、ついついマンガを読んでしまう現象、ではないですか!

 

 

うっわ……、学生時代から進歩ないってことですか?

このブログ、実はこっそりうちの子(中2)も読んでたりするんですよね~。

ただでさえ、ブログの内容にツッコミ入れられたりしているのに、親の威厳もくそのないわ~ (;´Д`)

 

 

ま、威厳がないのは今に始まったことじゃないので、いいとして (^_^;)

問題は、なぜブログの更新が重いのか。

 

 

① 面白い記事を書く自信がない。

② 書いても、誰にも読んでもらえなかったら、虚しい。

 

 

この2点でしょうかね。

 

 

このように書き出せばわかることなんですけど、意識の重心を、自分より他人様に委ねちゃってますね。

人様の評価でしか、自分を診ることが出来ていない。

①の面白い記事を書くというのは、自己基準・自己判断のようですが。

では、その感じる「面白さ」はどこから来るのか。

 

 

人様のブログ、特に人気のブログなどを拝読しますと、そのレベルの高さに圧倒されます。

こんな記事を読んだら、もうブログなんて書けないじゃん。

自分の書くものが、小学生の作文以下に思えてしまったら、もう、苦しいですよね~ (^^;)

なんて書きながら、もうちょっとマシやろ? と、自分を鼓舞してますけど (^_^;)

しかし、まあ、自分でもそう感じてしまうくらいの低レベルであれば、本当に心優しい方が読んでくださる、そのご厚意にすがるしかなく……。

言葉で、情報で、そのご厚意に報いることの難しさ。

 

 

でも、うだうだやっている間に、台風で関空は浸水・機能停止するわ、北海道で震度6強の地震がおこるわ、次になにが起こるかわからないんですよね。

 

 

あとでやろう、ではなく。

今、この瞬間しかないのですから。

 

 

下手だろうがくそだろうが、書かないより書いた方が上達するって、いろんな方も仰ってますし。

「うっわ、くそ記事~」と思われたって、仮にそういうコメントが来たとしても、「読んでくれてありがとう!」だし。

人様の名誉は傷つけないように気をつけてますけど、もし私の文章で傷ついた方がいらっしゃったら、それは謝罪するしかないですし、対応改善するしかないですし、仮に責任を負えないいちゃもんであれば、それなりの対応をさせていただくしかない。

 

 

今、読んでくださったいるあなたも、同じような経験がおありかもしれません。

 

 

自分の弱さを書き出すって、結構精神をえぐる行為ですけど、でも慣れればなんということはない。

欠点がわかった時点で、一歩前進です!

次は、その欠点とつきあうためにどうするか、ですからね。

 

 

今、できることからやりましょう。