ほんのよこみち なブログ

不登校とひきこもりの子を持つシングルマザーが、このくにで生きることを考えながら、本と好きなことを語ります。

小心者だから、夏休みの宿題はお盆までに終わらせる予定を立てて、31日まで引きずる

お題「夏休みの思い出」

  

お題スロットをしたら、夏休みの思い出でした。

私の実家は、家族旅行を一切しない家でした。

私自身の、子どもの頃の夏休みの思い出は、圧倒的に宿題をどう片づけるかでした。

 

今、我が家でも、宿題いやだ〜と言ってやらない学生がいます。

8/31になると、メンタルがつぶれるってわかっていても、やりたくない。

それでやらないのだから、メンタル強いじゃん?って思うんですけどね。

 

私は、小学校高学年くらいから、8/31までに宿題を終わらせる計画を、毎年立てていました。

最初は、お盆くらいまでに終わらせるように、強気の予定を立てます。

でも、当然、予定通りには行かず。

 

お盆開けから、残った宿題で残った日数を割って、読書感想文や絵画作成は余分に日にちをふって、慌ててわさわさとやる。

5教科の宿題を、1日1科目のペースで先にやる!と自分を追い込んで、面倒な 絵画に少しでも時間が残せるように。

いえ、その前に、絵画なんて先にやれよ、なんですけど。

というか、中学時代の夏休みの宿題に、毎年絵画作成が入っているって、のどかなんだかどうなんだか……。

 

結局、8/31の夜、水彩絵の具で色を塗っていた記憶ばかりがあります(^◇^;)

そして、来年こそは、もっとちゃんと予定を立てて、実行できるようにしよう!とリベンジを誓う……。

 

私、自分では、予定を立てるのが苦手だとずっと思ってました。 

8/31への恐怖から始まっているので、プラスに取りようがないんですよね〜。

今も、親としてのスケジュールを夏休み中にこなせるか不安で、高校見学と映画観賞は、前倒し前倒しで予定を組み、強行してしまいます。

夏休みはどこも混んでるから〜と、9月に博物館に連れて行ったら常設展が変わっていて……なんてこともありましたしね(^◇^;)

怖いから、がんがん予定を立てるんです。

 

子どもたちが「怖いけどやりたくない」と言うのは、結局、強いのか、それともさらに弱いのか。

できると思えないから、やりたくないだけなのか。

親が、学習も楽しいよって言ってることへの反発?

やりやすい科目だけでも手をつければ?って思うんですけどね。

やり始めたら、エンジンがかかって、モチベも上がる……ということは、ありえないそうで(~_~;)

 

というように、毎年、親は予定を立て、子どもにやきもきし、最終的には諦めるのでした。

自分自身が立てた予定に合わせようとするのは、まあなんとかなりますが。

子どもが親の予定に従う義理も義務もないですからね。

どうしても無理なら、その時また考えるだけのことで。

夏休みはやっぱり「気がついたら終わりそう」というメンタル的に怖いものです、今でも(^_^;)