ほんのよこみち なブログ

不登校とひきこもりの子を持つシングルマザーが、このくにで生きることを考えながら、本と好きなことを語ります。

『究極超人あ~る』の10巻を読んじゃったよ~!(^^)!

1987年の世界へようこそ!

『究極超人あ~る』の31年ぶりの新刊です!

絵柄が変わっている、とか、今このノリ? とか、そういうのはひとまず置いといて。

『あ~る』って、不登校の子にも優しい学園マンガだと思うので、いやもう嬉しい!

 

 

と言いますのも。

うちの下の子が不登校になった当初。

もう、どんより暗くて、常に地面を掘って潜ってるみたいなメンタルで。

それでも当時、『おそまつさん』が好きだったので、『あ~る』も気に入るかなあと思ってすすめてみました。

そしたら見事にはまりまして!(^^)!

本人的に、志望校ダントツの1位は春風高校(このマンガの舞台)だったりします(^_^;)

 

 

『究極超人あ~る』は、いわゆる日常系マンガです。

31年前は、そんな単語なかったですけどね(^▽^;)

この作品は、だらりとまぬけた春風高校光画部に、まぬけなアンドロイドが転校してくるところから始まります(あ、この文章もまぬけだ)。

光画部とはいわゆる写真部ですけど、年功序列で、横暴な先輩やOBが出てきます。

でも、無茶苦茶な横暴さが、まぬけすぎて、ぜんぜん嫌味じゃないの。

基本的に、誰も否定しない。

アンドロイドのあ~る君だけは、先輩たちの横暴さをまともに喰らってますが、それは信頼の証といいますか。

だからこそ、あ~る君も何をやっても許されるというか。

いろんな個性が否定されない社会。

意味のないことを、全力でおもしろがろうとしている人たち。

31年前のネタは、今の子たちには要解説だけど、この空気は十分楽しんでもらえるものと思っています。

 

 

こんな完全版も出てますけど、すでにプレミア価格になっている!

 

お手頃なのは、こっち。

 

 

 私が持っているのは、これです。

通常版のコミックスを友人に借りて読んでいたので、ワイド版が出たときにすぐ買いました!

四半世紀以上前ですけどね(^_^;)

  

文庫もあります。

 

今なら8/22まで、無料で試し読みができます↙ 

この機会にいかがでしょう。

 

 

私も高校時代、学力より上の高校に進学してしまったため、もう勉強はぜんっぜんわかんないし、先生は点数の低い奴に冷たいし、クラスメイトはみんな天才に見えちゃうし、世界から人格全否定されてるみたいで、ほんっとうに毎日が苦痛で仕方がありませんでした。

もちろん、仲良くしてくれた友だちはいましたし、その友人の一人が教えてくれたのが『究極超人あ~る』でした。

私自身、この作品に救われたひとりですね。

 

 

便利な世の中になって、31年前の作品でも、若い人たちと共有できるようになりました。

今、光画部のような、みんなの存在を肯定している社会って、再確認してもいい時代になっているんじゃないでしょうか。

 

 

疲れているあなたに、かる~く立ち読みしてみて欲しいなっと思っちゃう本ですね。