ほんのよこみち なブログ

不登校とひきこもりの子を持つシングルマザーが、このくにで生きることを考えながら、本と好きなことを語ります。

あずさ第一高校を見学してきました!

こんにちは、ほんのよこみちです。

あずさ第一高校・渋谷キャンパスの学校説明会と、体験授業に行ってきました!

www.azusa1.ed.jp

 

この学校は、私立の通信制高校で、もちろん、通信型タイプと通学型タイプがあります。

通学コースは週1日~週5日が選べるので、自分のやりたいことと両立できるなど、生徒の多様性に対応したシステムを取っています。

また、オプションのオリジナルコースでは、ファッション、音楽、アニメなどの専門分野を、その道のプロの方からご指導いただけるなど、贅沢な学びを体験できます。

 

 

うちの子も、アニメ・まんがコースの体験を受けさせていただきました。

講師の先生は、関口貴之先生!

銀河鉄道999』や『うる星やつら』『タッチ』などの劇場用作品に参加されていた方で、もう私などはどんぴしゃ世代です!

子どもが黙々と絵を描かせてもらっている中、親の方が舞い上がってしまって(^▽^;)……、いろいろお話を伺わせていただけました!!

ああ~、もう、大感激~♬

やっぱりプロで活躍されている方のお言葉には重みがありますし、ご指導も非常に的確で、理にかなっていて、わかりやすい!

そもそもの芯がサラリーマンとは違いますから、これは非常に良い経験だと思います。

 

 

この学校は、週3日+oneコースと週5日コースについては、いわゆる普通の集団授業です。

とはいえ、勉強の苦手な子にもわかりやすく、得意な子はもっと伸びるように、というご配慮をして下さっているようです。

勉強に自信のない子には、希望の持てる学校と言えるでしょう。

在校生さんも6人ほどいらっしゃったのですが、皆さん楽しそうで、笑顔が素敵でした。

先生との距離も近そうです。

また、ファッション系のコースもあることから、校則もかなり自由とのことでした。

ピアスをしている子、金髪の子もいました。

でも、陰に籠っている感じはなく、すごくあっけらかんとした感じの、可愛らしい生徒さんたちでした。

 

 

よく、明るくていい子とか、暗い子とか、そういうのが差別表現になったりしますが、あずさ第一高校の生徒さんを見ていて感じたことは、他者との信頼関係が築けているから明るいのだろうな、と。

他者とは、先生かもしれないし、ご家族かもしれないし、お友だちかもしれないですが。

信頼関係って、本人にとって一番の自己肯定感だと思うんです。

説明会でも仰られてましたが、「勉強のわからない子に、こんなこともわからないのか? と言うのは教育者ではない。わかるように教えるのが教育者だ」と。

そりゃ、自己肯定感持てるでしょうね。先生が否定から入らないんですから。

 

 

あずさ第一高校は、私が以前、見学に行った、代々木高校と六本木高校の中間に位置するような高校かなと思いました。

あ、カリキュラム的には、一番全日制普通科高校寄りです。

学校システムと教育方針は、普通の高校に近い感じがします。

教育目標的なのが、教室に貼ってあったりしましたし。

 

 

制服も、男子2種類、女子3種類から選べるということでしたが、私服登校の生徒さんもいるらしい!

体操服も、一応規定のものはあるものの、中学の体操服を使ってもOKらしい!

中学を不登校で過ごすと、指定のジャージをほとんど着ないまま卒業したりするんですよね~、もったいない! 名前刺繍入りだったりするのに!

そういうのを応用できるとは、親としては有難いです。

 

 

で、学費。

今回、ちょっと個別相談は受けてなかったのですが、学費はだいたいまあ、私立通信制高校の相場程度ぐらいはするものと思われます。

多分、試算して年間三桁はいかないかな? という感じ。

 

 

実は、いろんなルートでパンフレットをいただいていて、もう3部も同じものをもらっていたりします(^_^;)

あと、学校紹介の四六判サイズの本まで、いただきました。

バーコードついていないので、非売品ですよね~。

この学校には広報担当の方もいらして、メール連絡など迅速・親切・丁寧に対応していただけます。

今回も、ご挨拶していただいちゃいました(;^_^A

 

 

ということで、うちの子の中ではどの学校もいいところがあるので、かなり目移りしている模様です。

この後も、いろいろ学校法人に行ってみて、1年かけて決めてもらえればいいかなと(まだ中2なので)。

親が通うんじゃないですからね~(^▽^;)