ほんのよこみち なブログ

不登校とひきこもりの子を持つシングルマザーが、このくにで生きることを考えながら、本と好きなことを語ります。

ゲームを飽きずに楽しめる人はすごいと思う

今週のお題「ゲームの思い出」

 

こんにちは、ほんのよこみちです。

私は自分ではゲームを楽しむことが苦手です。

なので、楽しそうにやっている人を見ると、根気あるな〜と感心してしまいます。

 

 

いえ、私も小学生の頃は、それなりにやってたんですよ。

いとこにゲーム・ウォッチ借りたりとか(^◇^;)

だから、そういう時代なんですってば〜!

家のテレビにも、親が買ってきたインベーダーゲームが、つながってましたし(^_^;)

それらは、まあ、やり込みましたね。

 

 

でも、ファミコンが出たとき、もう中学生になってしまってましたので、「もう大きいんだから、いらないよね」という家庭内空気には、抗えず……。

社会人になって、ストレス発散にスーファミ買おうかと、おもちゃ屋さんにまで行ったのですが、すでにゲームを遊べない体質になっておりました😢

 

 

ゲームを遊べない体質とは、何か?

そう、飽きるんです‼️

 

 

ゲーマーの人にやらせてもらったりもしたんですが、とにかく飽きてしまう。

主人公とそのパーティを強くするためのトレーニングとか、もうできない。

そんなちまちましたことは置いといて、やるのならどんどんやりたい。

てか、トレーニングとか、単純作業を延々と繰り返すなんて、漢字や英単語の暗記みたいで、もうおなかいっぱい(^_^;)

ストレス発散したくてやるのに、なぜに修行みたいなことをせなあかんの?

え?皆さん、ストイックすぎるでしょ?

そもそも、社会の枠が鬱陶しいのに、遊びでまで、なぜに誰かが決めたルールに粛々と従うんですか?

え?ごめんなさい、無理です、無理無理〜、自由でいたい〜。

だったら、いろんな本をつまみ喰い的に読み散らしながら、ノートに好きなこと書いてる方が、自由でいい……。

 

 

ということで、ゲームをやらない人の中には、こういう社会不適合者みたいなのもいるのでした(~_~;)

まあ、そもそも、ストレス発散 のための手段と位置づけているところが、間違いなのかもしれません。

本だって、著者が書いたものを、著者が読ませたいと思っている順に読まされているわけですから、不自由度は違わないんでしょうけど。

あ、でも、本はめんどくさくなったら、飛ばし読みができますね^_^

 

 

どこまでも、マイペースを崩したくない、こんな大人になると、みんなでイベントを楽しむとか苦手になってしまいますが、それでもなんとか楽しく生きてますので、ご自身がお好きなように、生きることを楽しんで下さいませ。