ほんのよこみち なブログ

不登校とひきこもりの子を持つシングルマザーが、このくにで生きることを考えながら、本と好きなことを語ります。

『自分の体験を活かして講師として独立できる あなたも人気講師になれる本』って、タイトル長いよ~

こんにちは、ほんのよこみちです。

2週間くらい前に、「コンサルタント業のすすめ」みたいな本を読みました。

 

honno-yokomichi.hatenablog.com

 

で、講師業の本を見つけたので、読んでみました。

この本の著者である大谷由里子さんは、故横山やすし氏のマネージャーだった方ですね!

昔は講師って、すごく特別な人がやる仕事みたいに思ってましたが、今や誰でも講師!みたいな時代なんですね~。

大谷さんのような、ある意味特殊な経歴の方はもちろんですが、普通に生きているとご本人では思っている方でも、人生の棚卸をしてみれば、誰でもネタの一つや二つはある。

講師に憧れているあなたも、あきらめるのは早いですよ、というような内容の本です。

 

 

とはいえ、年収1000万の講師を目指すには、普通の人では弱くて。

他の人にはないものを持っていないと、講師として生き残るのは厳しいですよ、というような、ある意味、起業本のセオリーに則ったような本でした。

まあ講師業をしたいなら、個人事業主になるようなものですからね。

バブル期の会社員のように、指示待ちくんではやっていけません。

講演エージェントや研修会社に登録、というのもありですが、だからといってすぐに仕事をもらえるとは限らないし、1件も仕事が来ないことも十分ありうるし……。

実力次第、という厳しい世界です。当たり前ですが。

 

 

 

なんですけど。

伝えたいメッセージがあるって、生きるパワーになりますよね。

私の場合、こういうのです。

不登校やひきこもりの子たちって、ラクして遊んでるわけじゃないんだよ~、実は苦しんでいるんだよ~」

とか。

「いじめをしちゃった子に、お前のしたことは悪いことだと突き付けて、反省させるより、なぜそうしてしまったのかその背景を探って、その子の環境をケアしてやる方が先では?」

とか。

でも私の場合、いろんな人が書いた本から得た知識の寄せ集めと、自分の経験からくる勘に基づいているという、具体的な数値を提示できないいい加減なものなので、反論の余地ありあり(苦笑)

論文を書くような裏付けをしていかないと、本当はブログに書くことすら、良くないんですけどね。

間違ったことを言っている意識はないんですが。

 

 

ブログは個人が一方的に書いてしまうものですけど、つまらなければ誰も読んでくれなくなるし、うちはただでさえ貧弱ブログなので、ブログの向上という点に落とし込んで考えても、なるほど応用できる内容ではありました。

 

 

実は、小規模セミナーとか、やってみたいです。

不登校の子の家族会とか本当は作りたいんですけど、なかなか先生にも言い出せなくて。

皆さんそれぞれ事情もあるでしょうし、PTA✖2? って思われたら、そりゃ重いでしょうし。(所属の小中学校のPTA活動は、当然されてるでしょうから)

SNSでも、LINEとかFacebookは重いかもしれないので、じゃ、Twitterとか?

う~ん。(しまった、Twitterもブログもばか過ぎる……)

 

 

この本に書かれているのは、こういうノウハウがありますよ、ということですけど、それは講師業に関わらず、いろんな職種に応用できると思います。

ただまあ、講師業の現実を数値的にあげているので、講師で稼ぎたい人には、そういうものも参考になるでしょう。

要は、自分がどう動いていくかということですね!