ほんのよこみち なブログ

不登校とひきこもりの子を持つシングルマザーが、このくにで生きることを考えながら、本と好きなことを語ります。

『不思議な晩餐会』に、朝から出かけ、やっぱり新宿で迷う……

昨日のことになってしまいましたが、新宿の東京ミステリーサーカスで開催されている、『不思議な晩餐会』に参加してきました。

www.scrapmagazine.com

リアル脱出ゲームの名前は知っていたんですけど、これまで参加したことがありませんでしたので、とても面白かったです。

てか、SCRAPさん、創立10周年ですか~。私が離婚したすぐ後だわ。そりゃ、行ってないですわ。子ども小さかったし。

 

 

このイベントは、魔女サヴァランさまの晩餐会に参加した客という設定で、5人1チームとなって、問題を解いていくというゲームです。

私は中学生の下の子と参加したので、初対面の男女のカップルさんと相席させていただきました。(結果、4人でゲームしました)

この相席してくださったカップルさんが、すごくお人柄も頭脳も良い方々で、問題をほとんど説いていただきましたm(_ _)m

断絶している社会、みたいに言われることもありますが、お優しい方ってたくさんいらっしゃるんだなあと思うと、嬉しいです。ありがとうございます。

イベントのクイズが、正直、私には全然わからなかったので、うちら親子だけだったら、ゲームを進めることができなかったかもしれません(>_<)

それでも、最後の最後で問題が解けず、負けてしまったんですが……

f:id:honno-yokomichi:20180602183444j:plain


負けるとネズミさんにされてしまうよ~。

 

 

このイベントは、とにかくプロジェクションマッピングがすごかったです。

今の技術って、こういうことができるんだなあと、本当に感心しました。

クイズ自体は、頭の柔らかさを問われますが、メイドのお姉さんがさりげなくヒントを下さったりもします。

いつも受け身で、誰かが何かをしてくれるのを待っているのに慣れすぎてしまっていたら、こういうイベントはあたふたしてしまうかもしれませんね~。

実際、私も自分の待ち体質を実感しました(苦笑)

でも、すごく楽しかったです。

 

 

なんですけどね。

イベントに参加する前、新宿駅で電車を降りたことが、リアル脱出ゲームでした(苦笑)

東口がわからなくて、10分以上歩き回ったよ~。

勿論、余裕を持って、30分前行動はしてたんですけどね。

途中で山手線乗り場を尋ねられた、外国人観光客のお姉さん。私の発音が悪くて「JR LINE」も通じたかどうかわからず、本当は改札まで連れて行ってあげたかったけど、私も迷っている最中だったので、JRの表示だけ伝えて別れてしまいました。

やっぱり、新宿に行くなら1時間前行動ですね(苦笑)