ほんのよこみち なブログ

不登校とひきこもりの子を持つシングルマザーが、このくにで生きることを考えながら、本と好きなことを語ります。

私の職場は、カバンの持ち込みができない……

今週のお題「カバンの中身」

 

こんにちは、ほんのよこみちです。

今週のお題、カバンの中身ということですが、私の職場はカバンの持ち込みができません。

一応、ロッカールームとか休憩室に貴重品ロッカーとかあるので、そこに置いとけよって話なんですが、使ってないです。

事務職なので、だいたい自席に直行よね。制服ないし。(なぜかエプロン着用)

 

 

そもそも自転車通勤なので、最悪手ぶらでもOKなんですよ。

なんですけど、さすがにお財布と携帯(私は未だガラケー派)は必要なので、それらが入る程度のウエストポーチを常時装着してます(笑)

エストポーチは、以前の上司が「持ち込んでもいいんじゃない?」と言ってくれたので。

なので、常に持ち歩いているのは、財布、携帯、鍵……ですかね。

 

 

ただし、週末はそれなりのカバンを持ち歩きます。

中身は、上記のウエストポーチ(笑)のほか、タブレットと本が増えますね。

ガラケーなのでタブレットは持っているんですが、これが意外と重い!

出かけると、絶対本を買ってしまうので、帰りはさらに重くなり、疲れます。

 

 

本当は、ノートとペンも持ち歩いて、本屋さんのカフェコーナーとかで、思いついたこととかをメモしたりするような、なんかかっこいい大人になりたいんですけどね~。

重いわ。

モバイルPCを持ち歩いている人とか、ほんっとにすごいと思います。

てか、せっかくタブレットを持ち歩いているのに、それに書き込むという発想はないんかい?(苦笑)

昭和の人間には、電子の白さは無限の宇宙の闇なのよ~(要するに、根本的に慣れてなくて、書こうとしても頭が真っ白になってしまう……)

 

 

デジタルネイティブじゃないって、こういうことなんだろうなと思います。

このブログ記事も、PCでは書けるけど、タブレットで書くのは苦手、とか。

身体を使って、筆圧の反応を感じてこそ、脳が次の思考を紡ぐように、もうできてしまっているんですね、長年の習慣で。

ですから、講座を受けに行くときは、ノートもペンケースももちろん持参です。

重いよ~。

この重さを解消するには、ガラケータブレットスマホに変えるしかないんでしょうけど、スマホを使いこなせない自信だけはあるんだな、これが!(威張ってどうする?)

しょうがないので、身体を鍛えるところからはじめますか~。