ほんのよこみち なブログ

不登校とひきこもりの子を持つシングルマザーが、このくにで生きることを考えながら、本と好きなことを語ります。

平野啓一郎さんの『マチネの終わりに』を読みました

今さらですけど、読みました。平野啓一郎さんの『マチネの終わりに』。

ずっと気になってたんですけど、実は私、【恋愛小説】が苦手なんですよね~。

で、ツイッターなどで「良かった~」というつぶやきを見ながら、ごもごもやってたんですよ(苦笑)

 

 

で、読んでみて。

私はこの作品を、【自分の弱さとどう向き合うか】という小説ととらえました。

蒔野というバイオリニストと洋子というジャーナリスト(父は著名な映画監督)、この二人の恋愛を中心に、確かに話は進みます。

ただ、冒頭ですでに蒔野はスランプを匂わせている。

洋子もイラクで、命の危機を感じるような出来事に遭遇してしまう。

そんな二人の恋愛感情が、非常に危ういバランスの上で、交わされていくんですね。

危ういのは、互いの弱さ。

そこに、蒔野のマネージャー・早苗が、これまた弱さを持ち込むんです。

人間は、こんなにも弱い……。

 

 

この小説を読むまで、私は半年以上、新作小説が読めませんでした。(既読の小説は読めましたが。)

平野啓一郎さんの文章力はさすがですね。

私の精神的な弱さ(故の新作読めない症候群)を、簡単に突破して下さる♬

小説自体はとにかく面白くて、文句のつけようがないハイレベル。

個人的に、ラストは私の好みではないんですが、そこを追求するとネタバレクラッシャーなので、以下省略。

面白うございました。

 

マチネの終わりに