ほんのよこみち なブログ

不登校とひきこもりの子を持つシングルマザーが、このくにで生きることを考えながら、本と好きなことを語ります。

一人暮らしをしたことがない人間の妄想

今週のお題は「一人暮らし」ということですが。

私は半世紀近く生きておりますが、一人暮らしというものをしたことがありません。

ちゃんちゃん。

 

 

……って、終わっちゃうじゃんかよう~……

 

 

この先、可能性として、一人暮らしをする状況になるということは、私の場合、同居家族がそれぞれ自立したとき、というのが考えられます。

そのときの、「夢の一人暮らし」を妄想してみますと……。

 

 

① モノを減らす。

だだっ広い部屋がいいので、モノは極限まで減らしたいです。

それに、そのころは私も高齢者に差し掛かっていると思われるので、万一の場合に、モノが多いと迷惑をかけてしまうしね。

 

 

② しめじとトマトと魚を食べる。

家族の好き嫌いがミルフィーユ状に折り重なっていると、上記の3食材が、なかなか使えないんです。いい加減、食べたい。

あと、生クリームのケーキ。家族で私以外全滅なので、ずっと我慢してる。食べたい。

 

 

③ 音楽を聴く。

これも、家族との会話優先だったりするので、しばらくそれらしい行為をしていない。

イヤホンも、なんとなく家族のものになってしまい、私専用がないので。

 

 

④ 休日の予定をがんがん入れて、外出する。

今は一応、家族の予定が優先なので。様子を見ながら、外出を促したりとか。

一人になったら、家にいるとひきこもってしまいそうなので、「大人の遠足」します。

 

 

⑤ 泣く。

強い母でいたいので、普段は泣かないことにしてるのですが、やっぱりストレスたまるので、一人暮らしになったら、誰憚ることなく泣きたい。

ま、涙は枯れているかもしれないですけどね(苦笑)

 

 

こんなもんでしょうか。

でも、実際に一人になったら、寂しくて泣きそうです。(そういう涙は嫌だ)

とはいえ、家族が自立していけるのなら、喜ばしいことだし。くそっ。

ま、まだまだしばらくは今の生活が続くでしょうから、モノを地道に減らしつつ、しめじとトマトとケーキの夢を見続けます(笑)