ほんのよこみち なブログ

不登校とひきこもりの子を持つシングルマザーが、このくにで生きることを考えながら、本と好きなことを語ります。

最果タヒさんの『もぐ∞(もぐのむげんだいじょう)』を読む

最果タヒさんの、「食べる」をテーマにしたエッセイ集です。

刊行当初、気になってはいたんですが、手を取ってなかったんですよね~。

 

 

個人的なことなのですが。

私、「食べる」ということがあんまり好きではないのです(苦笑)

これも、昭和の「絶対に残してはいけない」という食育のせいですね(笑)

毎日、昼休みは居残り給食……とか、全員が時間内に給食を完食できるよう連帯責任とか、もう地獄でした。

だから今でも、人様とご飯を食べるのって、すごく緊張して味を楽しむ余裕とかないんですよ~。

 

 

余談はさておき。

 

 

この本は、まず見た目がすごくかわいらしいのでした。

表紙のイラストやデザインがまずかわいい。

本のサイズが、普通の四六判より少し小さくて、手になじむ大きさでかわいい。

ページをめくると、各章の扉に枠が描かれていて、その枠がかわいい。

そして肝心のエッセイですが、さすが最果タヒさんです。

食レポ的な文章を予想した私は、どこまでいっても凡庸なにんげんでありました。

期待の斜め上を行くような最果タヒさんのエッセイは、食から人生や世界を考えたりしていて、どこまでも面白いのでありました。

 

 

最果タヒさんの文章は、とてつもないパワーを持っていると思います。

この方の本を読むと、思考とか文章とかが「最果タヒ化」してしまう。

そのままの状態で詩を書いたりすると、「偽物じゃん」みたいになってしまうのですが。

それでも、自分とは違う人の思考で、自分の日常を見つめてみると、新たな発見があったりして、さらに楽しめたりするんですよね。

「たいしたことない日常」も、最果タヒさんふうにとらえたら、結構面白かったりして。

 

 

そういう意味でも、最果タヒさんは目が離せません。

大好きです。

もぐ∞(もぐのむげんだいじょう)