ほんのよこみち なブログ

不登校とひきこもりの子を持つシングルマザーが、このくにで生きることを考えながら、本と好きなことを語ります。

会社で配った義理チョコに、3倍返しのお返しは重い

今週のお題「ホワイトデー」

 

 

昔の話ですみません。

私にもまだあった若かりし頃(笑)、会社で仲の良かった友人と共同で、義理チョコを配ったことがありました。

個人的に配るのがまだ恥ずかしかったころ、今思うと悪魔な行為だったのですが、当時はそんな空気も読めず。

2人で400円くらいの可愛いチョコを買って、上司や先輩に配ったんですね。

 

 

で、ホワイトデーです。

すみません、3倍返ししなきゃいけない男性陣の負担を、まったく考えていませんでした。

てか、3倍返しというお約束があることも、意識していなかったです。

自分のことしか考えてなかったんですね。

まさか、上司や先輩から、多分1000円くらいするであろうお菓子の詰め合わせやら、お菓子と雑貨のセットやらを、私と友人ふたりに、それぞれ用意していただくことになろうとは!

 

 

はい、すみません、もらいすぎです。

当時はまだ景気が良かったとはいえ(1990年代半ば)、重すぎです。

同金額程度のおやつで良かったんです。

何で男性は3倍返しなのか? 男女平等じゃないですよね。

 

 

なので、今の職場でも、お返し不要の一口チョコしか配れません。

てか、あげたものにお返しなんて一切考えていないので、気を回される方がしんどい。

だって、お返しを期待して子育てとかしないじゃないですか?

(このへんで、職場の男性陣を息子の延長線上に考えていることが判明……)

わがままなのは十分承知の上ですが、したいことをしているだけなので、気を回されると重いです。

 

 

でも、他の一般的な女性陣が同様の意見とは限らないので、やっぱり男性陣は3倍返しとか考えちゃうんでしょうね。

合掌。