ほんのよこみち なブログ

不登校とひきこもりの子を持つシングルマザーが、このくにで生きることを考えながら、本と好きなことを語ります。

表彰されすぎるのも恥ずかしい

今週のお題「表彰状」

 

 

今年の会社の新年会で、表彰状をたくさんいただきました(苦笑)

① 永年勤続表彰(10年)

② 最多改善提案提出賞(パート部門)

③ 最優秀改善提案賞(パート部門)

④ ツイッター最多賞(パート部門)←会社のツイッターに「いいね!」した回数

 

 

なんか、すごいんだかアホなんだかよくわからない状態ですが、やっぱアホです。

だって、②③については、私以外、誰も改善提案を出していない(しかも私も1回しか出していない)というアホさ!

④も、会社用アカをつくって、休憩時間とか、ちょっと仕事が片付いたときとかに、ぽちっとやっただけ!

 

 

それなのに、新年会で4回も登壇し、皆からの「早く飲み食いしようぜ~」オーラを感じつつ、4回もなんか喋らなあかん地獄。(それも、だんだん喋るネタなくなってくるし……)

社長も、またお前か~という顔してるし……。

 

 

加えて、お開きの際、テーブル上の花を、くじで当たった人にプレゼント、というのにも当たってしまい(花は複数あったので、他にも当選者はいましたけど)、社長も苦笑い。

 

 

当然、ついたあだ名が「5冠王」(もうやだ)……

 

 

パート部門の副賞(商品券)を根こそぎもらってしまったので、すっごく感じ悪い新年会になってしまいました。

でも、パートでシングルで家計を支えて生活してるので、背に腹は代えられない(苦笑)

実際、家族ための支出が続き、お年玉も渡せてない状況だったので、助かったのも事実。

 

 

ただ、今年は絶対に改善提案は出しません(笑)