ほんのよこみち なブログ

不登校とひきこもりの子を持つシングルマザーが、このくにで生きることを考えながら、本と好きなことを語ります。

【日記】生賴範義展に行きました

上野の森美術館で、2/4までやっている、生賴範義展に行ってきました。

 

 

ゴジラ好きの家族が、生賴氏のゴジラポスター原画見たさに行く……というので便乗したのですが。

80年代の本の表紙原画とかあり、気がつけば、私の方が熱心に観てました。

(SFアドベンチャーの表紙原画もありました!)

 

 

私は、絵のことはよくわかりませんが、生賴氏のイラストは写実的で、筋肉とか女性の髪の毛とかがリアルで、重厚感を感じました。

ポスターとか本の表紙とかの原画なので、構図の制約はどうしてもあり、そこが気になる……と言えばなるのですが、だからといってアートであることに違いはなく、時に全く違うタッチの絵もあり、イラスト+昭和文化史的な見方もできます。

 

 

そして何より。

展示終盤のオリジナルのコーナーが必見です。

特に、生賴氏の戦争体験が描かれていると思しき大作があるのですが、すごかったです。見る価値あります。

少々怖い絵かもしれません。

剥き出しの筋繊維とか、串刺しとか、髑髏とか。

でも、それが生賴氏にとっての戦争……。

 

 

そこまで混んでいなかったので、ゆっくり観ることができました。

スタッフの方もお優しくて、楽しいひとときを過ごすことができました。

ありがとうございました。