ほんのよこみち なブログ

不登校とひきこもりの子を持つシングルマザーが、このくにで生きることを考えながら、本と好きなことを語ります。

【道具】誰かにとっていい手帳が、自分に良いとは限らない

お題「手帳」

 

今日の東京は、びっくりするほどの雪です。

ご帰宅に大変な思いをされた方も多いのではないでしょうか。

 

 

ということで、お題スロットというのをしてみました。

お題は「手帳」。

1月も半ば過ぎ、新しい手帳にスケジュールがぎっしりの方も、早くも使わなくなってきた方も、いらっしゃるのではないでしょうか。

 

 

実は、私も毎年、これくらいの時期になると、「今年の手帳は失敗だったかも……」と、後悔しておりました。

 

 

年末に、いろんな雑誌等で、手帳特集やりますよね。

そういうのをいろいろ読み比べて、来年はこれだ! と思って買ったりするんですが、買ったそばから他に良い候補が出てきたりして。

いざ使ってみたら、思ったより書きにくかった、雑誌に載っていた方のような使い方は自分には向かなかったなど、予想外のことが出てくるものです。

 

 

私も、ウィークリータイプのとか、ダイアリータイプのとか、いろいろ試しました。

あまり使わなかった手帳に、3000円以上費やしたこともしばしばありました。

でも、フレームがあらかじめ決められている手帳って、私には合わなかったんです。

 

 

いろいろ学んで、今は最低限、予定の書きこめる小さな無印良品の手帳に落ち着いています。

予定以外のことを書くノートは別にしているので、それで十分。

ノートについても、「頭の良くなるフレーム」の類は全部挫折したので、普通の大学ノートに好きに書いている感じで。

 

 

誰かが良いと言ったことが、すべての人に当てはまるわけではありません。

いろいろ試して挫折しながら、自分にとってのベターを見つけていくのが楽しいと思っています。