ほんのよこみち なブログ

不登校とひきこもりの子を持つシングルマザーが、このくにで生きることを考えながら、本と好きなことを語ります。

【歴史小説】『苻堅と王猛』小前 亮 著

『苻堅と王猛』小前 亮 著 祥伝社文庫

こんにちは、ほんのよこみちです。

 中国史を再勉強しようと思い立ったものの、五胡十六国の時代で躓き、この本を手に取りました。

秦(前秦)の名君・苻堅と、彼を支える軍師・王猛が活躍するお話です。

 

 

歴史小説って、結末が大体わかって読んでいるので、重かったですね~。

苻堅は理想を掲げ、民族の垣根を超えた平等で豊かな国を目指して、中国統一を図ります。

彼が善政を行っているのはわかる。王猛がそれを助けてるのもわかる。

 ただ、学校で習った歴史には、彼らは英雄として書かれていないんですよね~。

 

 

小説ですので、もちろんフィクションです。

でも、あったかもしれないと想像させる物語です。

重いです。苦しいです。泣けます。(泣いてないけど)

 

 

この本を読んで、五胡十六国時代とはどういう時代だったのか、あらためて考えさせられました。

裏切りや暗殺が日常的な時代。

他者を出し抜かなければ、生き残れない時代。

しかし栄華も一時、いつ失脚・処刑されるかわからぬ時代。

現代日本に生きる私には、とてもやっていけない時代です。

 

 

ただ。

苻堅はなぜ天下統一できなかったのか。

それを考えることが、現代に生きる我々の「宿題」のような気もしました。

 

 

異なる民族も平等にと言いつつ、民族主義を煽ってしまった苻堅。

善人であるがゆえに、他人の気持ちを想像できなかった苻堅。

名君を目指したがゆえに、自ら規律を乱してしまった苻堅。

王猛という名軍師を得たがために、その才に頼ってしまった苻堅。

 

 

歴史小説をビジネスの手本みたいに読むのは、本意ではないのですが、全部ビジネス問題にあてはめられるよなあ……なんて思ってしまいました。

ま、作者の小前さんは、1600年前の人ではなく現代人なので、そう読める書き方をされているのかもしれませんが。

 

 

実は、この本を読むまで、しばらく歴史小説は読んでませんでした。

でも、やっぱり面白い。

時代や国は違っても、みんな、幸せになりたいだけなんだよな~。

読んで、知って、味わって、考えて。

幾通りもの楽しみ方ができる本です。

 

苻堅と王猛: 不世出の名君と臥竜の軍師 (祥伝社文庫)