ほんのよこみち なブログ

不登校とひきこもりの子を持つシングルマザーが、このくにで生きることを考えながら、本と好きなことを語ります。

芸術

先週末、西荻窪の忘日舎さんで開催されたトークイベント【ゆめをてわたす】に参加しました。

ほんのよこみちです。 もはや笑えない更新状況に来てます 先週末、西荻窪の忘日舎さんで開催されたトークイベント【ゆめをてわたす】に参加して来ました! このイベントは、【詩の教室】でお世話になった【て、わた し】の山口さんと、【ゆめみるけんり】の…

双子のライオン堂さんで行われた【自分にてわたす詩の教室】最終回は、とても刺激的で学べて楽しかったです!

こんにちは。 週末ブロガー(^^;) ほんのよこみちです。 昨日、双子のライオン堂さんで行われた「自分にてわたす詩の教室」第一期の最終回に参加してきました! 双子のライオン堂 @lionbookstore と開催した「自分にてわたす詩の教室」第一期。本日最終回を迎…

アボガド6さんの『剥製』他、作品集は、芸術だと思いました。

ほんのよこみちです。 下の子が好きで買っている、アボガド6さんの『剥製』を読みました。 剥製 (KITORA) 作者: アボガド6 出版社/メーカー: KADOKAWA 発売日: 2019/01/31 メディア: 単行本 この商品を含むブログを見る Twitterのフォロワー数が100万を超え…

詩を書くことについて悩みながら『大切なことは小さな字で書いてある』を読んで救われる。

こんにちは、ほんのよこみちです。 更新日時がずいぶんあいてしまいましたが、まだ生きてます! 詩を学び始めてまだ4カ月目ですが、悩んでぐるぐるやっています。 で、そんな折、たまたま本屋さんで見つけたこの本(詩集)が、すごく好きになりました。 大切…

『て、わた し第4号』を読んで考える、自分たちの使っている言葉について。

ほんのよこみちです。 先週読んでいたのに、記事にするのが止まってしまっておりました。 なんでしょうかね、時間の過ぎるのがとっても早いんです(^^;) ということで、『て、わた し第4号』を読んで考えたこと、もろもろです。 ・瀬戸夏子さん。 詩、川柳、…

三木悠莉さんをお迎えしての【自分にてわたす詩の教室:第3回】は、ハートフルかつ高難度な内容で、楽しかったです!

ほんのよこみちです。 昨日のことになっちゃいますが、【自分にてわたす詩の教室:第3回】に参加してきました! はーじまーるよー!#詩の教室 @双子のライオン堂 pic.twitter.com/BbUkq9cW3f — 三木悠莉 PSJ 2連覇達成ありがとうございました (@micnix_69) …

宮尾節子さんの『明日戦争がはじまる』を読んで、反戦より内省について考えてしまう……。

ほんのよこみちです。 『て、わた し第2号』でファンになった、宮尾節子さんのアンソロジー『明日戦争がはじまる』を読みました! 宮尾節子アンソロジー 明日戦争がはじまる 作者: 宮尾節子 出版社/メーカー: 集英社インターナショナル 発売日: 2014/12/05 …

『て、 わた し 第3号』を読んで考える、歴史を背負うという生き方。

ほんのよこみちです。 最近、こればっかり読んでいる気もしますが、修行中の身なので、まあお付き合いくださいm(_ _)m 『て、わた し第3号』を読みました。 この本の中で、まず面白い!と思ったのが、大島健夫さんの「こんな悲しい日に」。 何が面白いって…

『て、わた し第2号』を読んで、宮尾節子さんを好きになる、と表明することについて考える。

ほんのよこみちです。 『て、わた し第2号』を読みました! ともに生きるための言葉、ということで。 冒頭の宮尾節子さんの詩が、すごく素敵です! 誰かが声をあげることで、黙っている人が つらくならないように。 黙っている人がいることで、声をあげる人…

『て、わた し』第1号を読んで、見て、詩と朗読を考えながら、断絶と老いについて想いをめぐらす。

ほんのよこみちです。 『て、わた し』第1号を読みました。 先々月からお世話になっている、詩の教室の主宰者・山口勲さんが発行されている詩の本です。 実は、次回の教室の講師が三木悠莉さんで、ポイントが【朗読】なので、【朗読する詩人】を深めたくて、…

文月悠光さんも書かれている『小辞譚 辞書をめぐる10の掌編小説』は、バラエティーに富んだ興味深い本です。

ほんのよこみちです。 『小辞譚 辞書をめぐる10の掌編小説』を読みました! 小辞譚: 辞書をめぐる10の掌編小説 作者: 文月悠光,澤西祐典,小林恭二,中川大地,三遊亭白鳥,藤谷文子,木村衣有子,加藤ジャンプ,小林紀晴,藤谷治 出版社/メーカー: 猿江商會 発売日:…

文月悠光さんがゲスト講師の詩の講座「自分にてわたす詩の教室」in双子のライオン堂さん、に参加しました!

ほんのよこみちです。 一昨日のことになってしまいますが、赤坂の双子のライオン堂さんで行われた「自分にてわたす詩の教室」第2回に行ってきました! (書き直ししてたら、すっかり遅くなってしまいましたm(_ _)m) 今回は、あの!文月悠光さんがゲスト講…

文月悠光さんの『屋根よりも深々と』を読んで、詩の空気を味わう。

ほんのよこみちです。 文月悠光さんの第2詩集『屋根よりも深々と』の世界を潜りました。 屋根よりも深々と 作者: 文月悠光 出版社/メーカー: 思潮社 発売日: 2013/08/10 メディア: 単行本(ソフトカバー) この商品を含むブログ (6件) を見る この本におさ…

文月悠光さんの『わたしたちの猫』の私なりの楽しみ方。

ほんのよこみちです。 今月は文月悠光さん月間なので、詩集とエッセイ集を読みまくってます! 今回は、3作目の詩集『わたしたちの猫』です。 わたしたちの猫 作者: 文月悠光 出版社/メーカー: ナナロク社 発売日: 2016/10/31 メディア: 単行本 この商品を含…

双子のライオン堂さんで開催される詩の講座を受講するので『て、わたし』5号を読む。

ほんのよこみちです。 とち狂って、てわたしブックスさんと双子のライオン堂さん共催の、詩の講座を受講しようと申し込んでしまいました! 【連続講座】「自分にてわたす詩を書く教室」(共催:詩誌『て、わたし』) – 双子のライオン堂 note.mu で、『て、…

西野亮廣氏の『新世界』は、これからの生き方を考えさせてくれる本でした。

ほんのよこみちです。 キングコング西野さんの本、『新世界』を読みました 新世界 作者: 西野亮廣 出版社/メーカー: KADOKAWA 発売日: 2018/11/16 メディア: 単行本 この商品を含むブログ (2件) を見る いえ、本当は先週読んでたんですけど、ちょっと時間を…

ムンク展を見に行き、傷つかずに芸術はできないことを感じる。

こんにちは、ほんのよこみちです。 有休が取れたので、ムンク展を見に行きました! 公式サイトはこちら→【公式】ムンク展ー共鳴する魂の叫び あの《叫び》が来たということで、【叫びコラボ】とかがすごいですね。 そりゃ、前回(10年くらい前)のムンク展で…

好きな街というのは、どこまでもよそよそしくて、こちらから喰らいついていく感じがする。

今週のお題「好きな街」 こんにちは、ほんのよこみちです。 今週のお題「好きな街」……。 私は、ひとりでいるとついついひきこもってしまう方なので、あまり自発的に出かけないんですが( ̄▽ ̄;) 好きな街①:上野 多分、東京に来て11年半で、一番たくさん遊び…

『WE ARE LONELY,BUT NOT ALONE.』を読んで、自分の好きなことは何か、について考える

『WE ARE LONELY, BUT NOT ALONE. 〜現代の孤独と持続可能な経済圏としてのコミュニティ〜 (NewsPicks Book)』です。 春ごろに買って、積ん読にしてしまっていたのを、発掘して読みました。 この本を買った理由は、帯です! 「みんな居場所がない」「モノの…

『知られざる縄文ライフ』で、30年更新していなかった縄文知識を上書きする(^_^;)

こんにちは、ほんのよこみちです。 前回、縄文展に行った!という記事を書かせていただきました。 honno-yokomichi.hatenablog.com それで、縄文展で買ってきた『知られざる縄文ライフ』という本を読みました。 この本は、表紙からしてイラスト満載のかわい…

エッシャー展を見に行ったのに、ついフィッシャー展と言ってしまう……

3連休で『ミラクル エッシャー展』を見に行ってきました。 www.escher.jp 7月29日までです! あとちょっとです! 暑さ+混雑で、すごく疲れました! でも、見に行って良かったです! エッシャーというと、だまし絵ですよね。 あの、構造を考えだしたら、頭が…

『手から、手へ』って泣きそうになる本でした

上の画像の帯にもありますが、NHKの「プロフェッショナル仕事の流儀」(しかも再放送だ~)を見て、この本を知りました。 いわた書店さんの「一万円選書」に選ばれた本ですね。 先日、出かけた際に、ちょっと大きめの本屋さんで見つけまして。 うわ~、この…

リアル脱出ゲームでお馴染みのSCRAPのきださおりさんは、とても素敵な方です!

昨日のことになってしまいましたが、横浜みなとみらいのBUKATSUDOで開催されている、『イベント企画の裏側講座』に参加してきました。 下北沢の本屋B&Bの内沼晋太郎さんがされている講座で、昨日のゲストはSCRAPのきださおりさんでした。 www.scrapmagazine…

新宿歌舞伎町って、怪獣王国だったんですね?

滅多に新宿に行かない者が、たまに行くと、すっかりおのぼりさん状態ですね~。 honno-yokomichi.hatenablog.com 東京ミステリーサーカスに行った帰り、歌舞伎町の道中で、こんなのを見かけました。 あ、ゴジラだ! お次はモスラ♬ もふもふ。 私には、年代別…

『不思議な晩餐会』に、朝から出かけ、やっぱり新宿で迷う……

昨日のことになってしまいましたが、新宿の東京ミステリーサーカスで開催されている、『不思議な晩餐会』に参加してきました。 www.scrapmagazine.com リアル脱出ゲームの名前は知っていたんですけど、これまで参加したことがありませんでしたので、とても面…

『GODZILLA 決戦機動増殖都市』は、生き方を考えさせられる映画でした

先週末、観てきました~。 『GODZILLA 決戦機動増殖都市』です! godzilla-anime.com 前作『GODZILLA 怪獣惑星』がすごく重い物語だったので、実はちょっと観に行くのが重かったんですよね~。 家族が「行くよ」と言うのにも、「まじ?」っつっちゃったし(…

『かぐや姫の物語』を見ていると、現代社会に縛られている子どもの叫び声が聞こえた

こんにちは、ほんのよこみちです。 金曜ロードショーの『かぐや姫の物語』、皆さまはご覧になられたでしょうか。 不覚にも、私は今回初めて見ました。 かぐや姫の叫び声が、そのまま現代社会に縛られている子どもたちの叫び声に聞こえました。 あらためて見…

【ねこ画展】に癒されに行ってきました~

有難いことに有休がいただけたので、【ねこ画展】に行ってきました♬ 「ねこ画展」〜ねこ画から生まれた愛おしい世界〜 | Gallery AaMo | 東京ドームシティ 可愛らしいイラストやマンガに始まり、はっと息をのむような【ねこ画】の数々に、ついつい見入ってし…

【教育】『わかりあえないことから コミュニケーション能力とは何か』を読む

平田オリザさんの『わかりあえないことから コミュニケーション能力とは何か』を読みました。 現代は、何はともあれコミュ力重視な世の中なので、窮屈な思いをされている方も多いのではないでしょうか。 かく言う私もコミュ力が足りず、たまたま周囲に良い人…

【芸術】『新しい広場をつくる 市民芸術概論要綱』を読む

平田オリザさんの『新しい広場をつくる 市民芸術概論要綱』を読みました。 以前読んだ、『人間と機械のあいだ 心はどこにあるのか』で、平田オリザさんとのコラボ(ロボット演劇)が書かれていたので、気になったんですね。 【科学】『人間と機械のあいだ 心…