ほんのよこみち なブログ

不登校とひきこもり→就労準備中の子を持つシングルマザーが、このくにで生きることを考えながら、本と好きなことを語ります。

自己啓発

吉川英治『三国志』(7)を読んで感じる、老いと学びと死。

ほんのよこみちです。 立てつづけに『三国志』(7)読了しました。 (以下、ネタバレあります。ご注意ください) 三国志(7)(吉川英治歴史時代文庫 39) 作者: 吉川英治 出版社/メーカー: 講談社 発売日: 1989/05/15 メディア: 文庫 購入: 4人 クリック: 6回 …

吉川英治『三国志』(6)を読んで思った、老いという宿命。

ほんのよこみちです。 『三国志』(6)の読了記事を書いていなかったので、書かせていただきます。 (ネタバレあります) 三国志(6)(吉川英治歴史時代文庫 38) 作者: 吉川英治 出版社/メーカー: 講談社 発売日: 1989/05/15 メディア: 文庫 購入: 5人 クリッ…

『国体論 菊と星条旗』を読んで出てきた言葉は、「日本人よ、奴隷根性にどっぷりつかってんじゃねえ!」でした。

ほんのよこみちです。 タイトル過激ですみません。 『国体論 菊と星条旗』やっと読み終わりました! 国体論 菊と星条旗 (集英社新書) 作者: 白井聡 出版社/メーカー: 集英社 発売日: 2018/04/17 メディア: 新書 この商品を含むブログ (13件) を見る いやぁ~…

本棚の整理をすると、どれだけ本を埋もれさせていたかよくわかって、もっと本を読みたくなる。

ほんのよこみちです。 この週末、家の掃除をしまくっていました。 特に昨日は、今年最後の夏日だったので、ちょこちょこやってた本棚の整理の続きを、やりまくりました。 窓を開けた部屋で、新聞紙を敷いた上に本を並べていると、古本市に群がる客のように子…

イレギュラーな状態を経験して学ぶ、日常と仕事と人間の関係。

ほんのよこみちです。 前回、ヤマト運輸のB2システムエラーについて、かなり愚痴ってしまいました。 失礼いたしました。m(_ _)m www.honno-yokomichi.com いやぁ~、しかし、さすが天下のヤマト運輸ですね。 システムダウンから4日目の9/27、無事復旧してま…

部活動は強要されて入るもんじゃありません。

今週のお題「部活」 ほんのよこみちです。 今週のお題は「部活」ということで、青春の黒歴史? を書かせていただきます。 私は中学時代しか部活動をやったことがないのですが、そのとき入部したのは「卓球部」でした。 入部理由は、 父親から運動部に入るこ…

出口治明氏の『「働き方」の教科書』を読んで考える、大企業と中小企業の働き方の差と非正規で生きるということ。

ほんのよこみちです。 ずっと読みたかった出口治明氏の本を読みました。 『「働き方の教科書 人生と仕事とお金の基本』です。 「働き方」の教科書: 人生と仕事とお金の基本 (新潮文庫) 作者: 出口治明 出版社/メーカー: 新潮社 発売日: 2017/03/29 メディア:…

孤独について考えていて『孤独の価値』を読んでみた。

ほんのよこみちです。 このところ「孤独」というワードが、頭の周りをちらちら回っているので、読んでみました。 森博嗣さんの『孤独の価値』です。 孤独の価値 (幻冬舎新書) 作者: 森博嗣 出版社/メーカー: 幻冬舎 発売日: 2014/11/27 メディア: 新書 この…

もう少しこの世界で生きていてもいい、と許された日。

ほんのよこみちです。 今日は私にとって、もう少しこの世界で生きていてもいい、と許された日となりました。 先日の、乳房生体検査の結果を聞きに行きまして、幸いなことに良性でした。 www.honno-yokomichi.com もし癌だったら、切れるのであれば全部切除し…

「理想の老後は?」と問われても、今の私は「老後が欲しい!」

今週のお題「理想の老後」 ほんのよこみちです。 今週のお題は「理想の老後」だそうで、今の率直な気持ちは「老後が欲しい!」ですね。 はい、乳がんの生体検査の結果が、まだ出ていません。 90%大丈夫、とは言われてますけど、10%は癌なわけで。 まあ大丈…

自分のことを他者がどう思っているかなんて、結局はわからない。

ほんのよこみちです。 死について考える機会が増えたせいか、身近なそういうことに注意するようになりました。 先日も、職場のパートさん(60代後半)のお兄さんが危篤となり、翌日にそのパートさんが出勤しているので、 「会社なんか来てて、いいんですか?…

吉川英治『三国志』(5)から気づく、劉備は不本意な人生を歩んでいたのかもしれない。

ほんのよこみちです。 ぼちぼち読んでる吉川『三国志』も5巻まで来ました。 三国志(5)(吉川英治歴史時代文庫 37) 作者: 吉川英治 出版社/メーカー: 講談社 発売日: 1989/04/11 メディア: 文庫 購入: 5人 クリック: 9回 この商品を含むブログ (31件) を見る …

今年の夏は、自分の命と死と残りの時間について考えていた。

今週のお題「夏を振り返る」 ほんのよこみちです。 夏を振り返るというお題ですが、今年の夏の特に後半戦は、自分の命と死と残りの時間についてばかり、考えていました。 人間ドックの乳房検査で、要精密検査だったからですね。 www.honno-yokomichi.com www…

『読みたいことを、書けばいい。』を読んで、書くということは常に卒業論文なんだと悟る。

ほんのよこみちです。 Twitterで見て気になっていた『読みたいことを、書けばいい。』を、やっと読み終わりました! 読みたいことを、書けばいい。 人生が変わるシンプルな文章術 作者: 田中泰延 出版社/メーカー: ダイヤモンド社 発売日: 2019/06/13 メディ…

『天気の子』を観て考える、公共の福祉と生存権(ネタバレ前提)

ほんのよこみちです。 ちょっと前になりますが、『天気の子』を観てきました! 今回の記事は、ネタバレ前提ですので、ご了承下さい。 tenkinoko.com で。 空前の大ヒットを飛ばした『君の名は。』の次の作品ですから、まあ期待値は高くなりますよね。 映像の…

バスの運転手さんの、さりげないお心遣いに気づかされた、他者の良いところをもっと見るということ。

今週のお題「わたしと乗り物」 ほんのよこみちです。 私は普段の通勤には自転車を使いますが、出かけるときは、電車やバスのお世話になります。 先日も、映画を観に行きたくて、早朝からバスに乗っていました。 (私は、映画は朝の上映に行く派。午後は早め…

『街灯りとしての本屋』で味わう、店主さんの生き方を読む楽しみ。

ほんのよこみちです。 『街灯りとしての本屋』さんを読みました。 街灯りとしての本屋 11書店に聞く、お店のはじめ方・つづけ方 作者: 田中佳祐,竹田信弥 出版社/メーカー: 雷鳥社 発売日: 2019/07/31 メディア: 単行本(ソフトカバー) この商品を含むブロ…

先週金曜日、帰宅したら届いていた人間ドックの結果が、乳房検査で要精密検査だったという「人生最大の危機」。

今週のお題「人生最大の危機」 ほんのよこみちです。 人生最大の危機は、先週金曜日(4日前)にやってきました。 仕事から帰宅したら届いていた、人間ドックの結果が、乳房検査で要精密検査だったんです。 要するに、乳がんの疑いがあるんじゃなかろうか、と…

元ひきこもりの子の汚部屋を片付ける!

ほんのよこみちです。 元ひきこもり、現就活準備中の第一子の部屋を、片付けました! 我が家の第一子の部屋は、いわゆるテレビに出て来るような汚部屋です。 床が見えないくらい、ゴミが散乱していました。 ずっと片付けたかったんですが、「入るな」と言わ…

ヘアサロンにて考える、なぜヘアサロンが苦手という人間が一定数いるのか?

ほんのよこみちです。 自分の時間が取れそうだったので、ヘアサロンに行ってきました。 私はもう何年も、同じスタイリストさんにやっていただいているので、前回のヘアサロン記事と同じお店です。 www.honno-yokomichi.com それで、カットやカラーをしていた…

浮かばれないな、と思ったら自分への学びに変換しようと思う。

ほんのよこみちです。 なんやかんやと人生やってたら、思うようにいかないことってありますよね。 評価されない、とか。 こんなんじゃ浮かばれないよう……って愚痴りたくなることも。 そういうときは、自分への学びにしてしまうと、ちょっと気分が変わってラ…

「人の振り見て我が振り直せ」は、相手が誰であっても言えることですね。

ほんのよこみちです。 私は昼間、パート事務として働いているのですが、このほど会社の事業案をパートも出して良いことになりまして、いろいろ考えています。 職場で事業案の募集にパートも出して良いことになったので、喜んで同業他社のビジネスモデルをア…

2019年上半期の反省と下半期の目標を立てよう。

今週のお題「2019年上半期」 ほんのよこみちです。 2019年も下半期に入り、しかも3日も経ってしまいました! 遅ればせながら、上半期の反省と下半期の目標を、個人的なことですが、あげてみます。 挑戦して壁の高さにびびる上半期 下半期は、斃れても結果を…

吉川英治『三国志』(2)で知る、ブラックな上司からは1800年前の中国人も逃げている!

ほんのよこみちです。 あいかわらず、吉川英治氏の『三国志』を読んでます。 やっと2巻が読み終わりました~! 三国志 (2) (吉川英治歴史時代文庫 34) 作者: 吉川英治 出版社/メーカー: 講談社 発売日: 1989/04/11 メディア: 文庫 購入: 6人 クリック: 21回 …

【迷ったら行動する】は、座右の銘となりそうです。

ほんのよこみちです。 特別お題:「迷い」と「決断」について、書かせていただきます。 私の座右の銘は、【迷ったら行動する】になりつつあります。 やってみたいと思ったこと、ちょっと興味のあることって、50歳になってもいろいろあったりします。 仕事と…

一日の時間には限りがあるのだから、いろんなやることを時間で区切って、一番やりたいことにつなげるようにする。

ほんのよこみちです。 5月もそろそろ終盤戦ですが、思い通りの5月を過ごせたでしょうか? 一か月前、半月間瀬に、こんな目標を立ててたんですけどね。 www.honno-yokomichi.com www.honno-yokomichi.com 5月後半の目標は、こんなのでした。 ☆モノを20個、断…

5月も半分終わったので振り返る、今月の目標は順調にクリアしているだろうか?

ほんのよこみちです。 早いもので、5月も半分以上、終わってしまいました。 そういえば、先月末に5月の目標を立てておりましたので、それを振り返りながら、目標を立てることについて考えてみました。 (正確には、やりたいことリスト、でしたけど……) www.h…

勝間和代さんの『勝間式超コントロール思考』を、自分育て&子育てのテキストとして読んでみる。

ほんのよこみちです。 GW明けの一週間がやっと終わりましたね~。 10日の休みの間にたまった仕事が一気にきて、4日で10日分の仕事と格闘した方もいらっしゃるのではないでしょうか。 そんなところで、GWに読んだ本の振り返り記事となってしまいますが、ご了…

『きっと、うまくいく』を観たらすごく良かったので、勉強したくなった⁉

ほんのよこみちです。 連休明け、皆さん大変だったのではないでしょうか。 ということで、連休中『きっと、うまくいく』のDVDをレンタルして観ました。 (別に、連休の余韻にひたっているわけじゃないんですけどね……) きっと、うまくいく(字幕版) 発売日: 2…

『パニック障害と過呼吸』を読んで、継続的な訓練こそが力になることを再認識する。

ほんのよこみちです。 不登校からひきこもりになった上の子が、ADHDと診断されたことは、以前も書かせていただきました。 www.honno-yokomichi.com が、他にもパニック障害とも言われています。 なので、読んだこの本。 パニック障害と過呼吸 (幻冬舎新書) …